スポンサーリンク

補聴器の雑音をカットする方法や原因は?耳が痛いのは解決できる?

生活

補聴器を使い始めたけど、雑音がして聴きづらい不快感がある、など慣れないが故の悩みがありますよね。

この雑音が気になるので、補聴器は使いたくない、と思う方も多いそう。

でも、補聴器の雑音をカットできますし問題は解決できるので、諦めずに改善方法を見つけていきましょう!

この記事では、補聴器の雑音をカットする方法や、雑音の原因、耳が痛いのを解決する方法、補聴器を付けたがらない理由などご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


補聴器の雑音をカットする方法!雑音にも種類がある!

補聴器から雑音がしているような気がする・・・それが気になって仕方ない、という方も多いかと思います。

補聴器の雑音は、補聴器のせいなのか、補聴器の雑音をカットする方法があるのかをご紹介していきます。

まず、補聴器が雑音を発生させていることはありません

そして、補聴器を使い始めの頃は今まで聞こえなかった音が聞こえるようになって、その音が雑音にように感じてうるさいと思う方は多いです。

補聴器は聞きたい音だけを聞こえやすくしてくれるものではありませんので、雑音と思う音も大きく聞こえるのも仕方ないんですよね。

しかも、難聴で補聴器を付ける前は聞こえなかった音が、補聴器を付けることにより鮮明に聞こえるようになるので慣れない内は耳障りだったりするかもしれません。

急にたくさんの音を聞くことは刺激が強すぎることがあるので、静かな環境から少しずつ慣れていくと雑音も気にならなくなります。

また、補聴器には雑音をカット、または抑制する機能があります。

これは「雑音抑制機能」と言いますが、様々な音をカットしてくれているのです。

・定常騒音・・・エアコンの音、電車など一定速度で走る乗り物の音、パソコンのファンの音など
(ほぼ一定の大きさの音が連続して続いている音を指す)

・一定の大きさでない音で騒音と感じるもの・・・交通量が多い道路の近くで聞く騒音、人が作業をしている音、機械が動いている音など。

 

補聴器はこんなに優れた機能を持っているんですね!

補聴器は人の声を最優先しますので、人の声色と異なるものは騒音と判断され、補聴器はその雑音をカットしたり抑制したりするのです。

したがって、雑音と思われる生活環境音を調整することができますので、補聴器には使用者の慣れや微調整が必要です。

まずは、補聴器を購入した販売店や耳鼻科医に相談してアドバイスをもらいましょう。

そして、すぐに諦めずに根気よく使い続けることで問題を解決することができます。

補聴器の雑音の原因は?

補聴器の雑音の原因とされているものは、補聴器から出ているものではなく電車の音や、人の作業音などの生活環境音といわれるものです。

今まで聞こえなかった音が、補聴器を付けることにより鮮明に聞こえるようになるので、雑音のように聞こえます。

そして、補聴器には雑音を抑制する機能がついていて、個人に合わせて微調整することにより解決することができます。

また、補聴器がピーピーいう時はないでしょうか。

補聴器がピーピー音がする現象をハウリングといいます。

ハウリングとは、補聴器で増幅された音が、再度補聴器のマイクに入ることにより起こります。

補聴器の音を大きくすればするほどハウリングしやすくなるんです。

また、補聴器のスイッチを入れた状態で、補聴器を机の上に置いたり耳に入れる時にピーピー音がするのは、補聴器が音を増幅しているので、故障ではありません。

そして、補聴器を付けている時にハウリングするのは、補聴器と耳の間の隙間から音が漏れているので起こります。

補聴器のハウリングを解決するには、音漏れしないようにしたりハウリングを抑制する機能を使います。

 

◆補聴器が外れやすい理由!目立たないようにするには?・・・こちらの記事もご覧ください!

補聴器が外れやすい理由!寝るときは外すもの?わかりにくい付け方は?
補聴器が体の一部となれば気にならずに快適に過ごせると言われていますが具体的な方法は?補聴器が外れやすい対処法や寝るときどうするか、つけていることをわかりにくい様にする方法、補聴器を使っている芸能人をご紹介します。


スポンサーリンク

補聴器を付けると耳が痛いを解決したい!

今まで耳に何も入れていなかった状態から、補聴器を入れることになれば、違和感や不快感があるのは当然です。

中でも、補聴器を付けると耳が痛いという人もいるではないでしょうか。

補聴器は自分の耳にぴったりのように感じることはあっても、補聴器を付けると耳が痛いということはありません。

補聴器を付けることに慣れてきたら、補聴器が耳に入っていることも気付かないくらになりますよ。

もし、補聴器を付けると耳が痛いということであれば、補聴器の向きが悪いのかもしれません。

補聴器を購入したときに、補聴器の入れ方と取り外し方の説明をよく聞き練習を何回かしたほうがいいでしょう。

補聴器が耳にきちんと入っていなかったら、聞こえが悪くなりますし、耳から外れてしまう場合もありますので、一度購入したお店に問い合わせているといいですね。

補聴器をつけたがらない理由。

補聴器は難聴を助ける医療機器です。

音が聞こえづらくて生活に困る、ということがなければ補聴器は必要ないという人も多いでしょうね。

特に、高齢者に多いのは1人暮らしの方だと、外出することも少ないので人と接する機会もあまりないので難聴の不便さを感じにくいものです。

さらに、家でテレビを1人で見る時は自分が聞こえる大音量で見ることができますし、家族がいても大きな声で聞こえるまで話してくれれば、補聴器は必要ないかもしれません。

でも、テレビの大音量はご近所迷惑ですし、家族の方も大変ですよね。

 

そんな中、本人は乗り気でないのに、補聴器を買う場合も多いようです。

なので、ご紹介した雑音がある、耳が痛い、などの問題があると面倒になって補聴器を活用できていない、ということも。

補聴器を購入して、すぐに違和感なくよく聞こえれば一番良いですが、そういうわけにもいきませんので、始めは家の中など静かな場所で使ってみて慣れるのがおすすめです。

補聴器の販売店では、補聴器をうまく使えるようなサポートやアドバイスをしてくれるので、相談しながら慣れていくようにがんばりましょう!

◆補聴器の補助金はいくら?補助金の給付を受ける方法など・・・こちらの記事もご覧ください!

 https://petit-oignon.me/hochouki-hojo/ ‎

補聴器の問題を解決して快適に過ごせるように。 -まとめ-

補聴器を自ら進んで付けようという人は少ないのかもしれません。

音は聞こえなければわからないものですし、会話が聞こえないぐらいの不便がないと、なかなか補聴器を付けようという気持ちにもならないですよね。

補聴器に慣れるまでの問題としては、雑音がする、耳が痛い、というのが多いでしょう。

まず、補聴器の雑音をカットする方法は、補聴器に雑音抑制機能があって全てしてくれるので、一度補聴器を購入したお店で微調整をしてもらうといいですよ。

そして、補聴器を付けると耳が痛い問題は補聴器の付け方や向きが悪い可能性が高いので、正しい付け方をしっかり練習しておくことです。

いずれにしても、補聴器を購入したお店でアドバイスを受けるのが一番ですね!

補聴器は慣れてしまえば、自分の耳のように自然に溶け込むようになりますので、ゆっくりでいいので慣れていくことができるといいですねぇ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました