スポンサーリンク

フライパンの焦げの取り方!焦げ付かない方法や素材は何がある?

生活

フライパンを使う上で困るのは焦げ。

鉄のフライパンも年季の入ったテフロン加工のフライパンも本当に焦げやすいですよね。

特に毎日料理する方はフライパンに食材が焦げ付いてなかなか取れなかったりと、毎回毎回かなりのストレスに・・・。

このフライパンの焦げの取り方や焦げ付かない方法は是非押さえておくべきですよ。

この記事では、フライパンの焦げの取り方、焦げ付かない方法や素材についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


フライパンの焦げの取り方!簡単にピカピカになる!

実際にフライパンが焦げ付いてしまい取るのが大変なので憂鬱だという方、朗報です!

もしフライパンが焦げ付いてしまった場合でも、簡単にピカピカになるという焦げの取り方をご紹介しましょう。

鉄のフライパンの場合

焦げ付いてしまったフライパンを更に空焚きするという方法です。

約20分程度空焚きすることによって焦げが更に炭化されて焦げが取れやすくなります。

その後、水につけ冷やし、金属製のヘラやタワシなどでこするとフライパンの焦げは綺麗に取れるるんです。

そして、鉄のフライパンは「磨く」というのはかなり大事なポイントです。

フライパンの焦げ付いてしまったところを中性洗剤と金たわしで磨くという方法も、大抵の場合すんなりと焦げが落ちます。

アルミのフライパンの場合

フライパンにお湯をはり、お酢やクエン酸を大さじ1杯程度入れ、沸騰させます。

すると、焦げが柔らかくふやけていきますー。

そして、沸騰後火を止め、冷ました後に金たわしなどでさっと磨き、焦げを落とします。

この方法は鉄のフライパンにも使えるんですよ♪

ステンレスのフライパンの場合

フライパンに水を張り、水の量の10〜15%ほどの重曹を投入。

弱火で15〜20分ほど煮込んで火を止めます。

その後そのまま数時間おくと、段々と汚れや焦げが剥がれてきてヘラや金たわし、スポンジなどで洗うとピカピカに。

テフロン加工のされたフライパンの場合

テフロン加工されたフライパンが焦げてしまった場合はもう加工が剥がれてしまっている証拠です。

なるべく傷つけないで洗いたいところですが、焦げを取りたい場合は、フライパンに水を張り沸騰させてから火を止め、しばらく放置します。

その後はスポンジなどでなるべく優しくこすって洗いましょう。

テフロン加工以外のフライパンは、磨いて焦げを剥がすという方法が一番良さそうですね。

普段から磨きすぎるのは必要以上にフライパンを傷つける原因となりますが、よっぽど焦げついてしまった場合には金たわしがかなり優秀なんですね♪。

フライパンが焦げ付かない方法やコツはある?

プロの料理人は鉄のフライパンなどを使ってもなかなか焦がしたりしてないですよね。

フライパンが焦げるのは古くなった理由以外にも使い方がマズいのではないか気になります。

そこで、フライパンを焦げ付かないようにする方法、テクニックはどのようなものなのかご紹介します。

そもそもフライパンが焦げてしまう1番の原因は調理温度と言われています。

1番焦げやすい温度が約80度で、80度を通過することによってフライパンが焦げてしまうんです。

そういえば、中華料理の料理人さんはいつも高温で調理しているイメージですが、焦げ付く温度を考えて調理していたんですね。

油を引く前と油を入れてからの予熱をしっかりすることは焦げ付かないためのコツ!

まず火をつけてしばらく熱してから油を十分に回し入れ、熱をしっかり通すことがとても大事なポイントです。

フライパンを油でコーティングしてあげるイメージです。

鉄のフライパンの場合は熱することによって鉄が膨張して、フライパンの表面の小さな隙間が埋まるそうです。

また、フライパンの使用後も、餃子や魚料理など余程ニオイが気にならない限り、少し油が残るぐらいの洗い上がりで十分ですよー。

また、調理後の食材を入れたままにしておくのも焦げ付きやすくなってしまいます。

ですので、調理後は速やかにお皿に盛ったり、タッパーに入れたりすることを心がけたいですね。

更にテフロン加工のフライパンの場合は、傷つけないようにするというのも非常に重要なポイントですね。

テフロン加工のフライパンを洗うときは中性洗剤とスポンジで極力優しく洗いましょう。



スポンサーリンク

フライパンが焦げ付かない素材は何?

フライパンが焦げ付かない素材といえばテフロン加工は上手に使えば焦付きが1番つかなさそう。

でも、テフロン加工のフライパンは耐久性の点ではかなり気をつけないとなかなか長持ちさせることは難しいんです。

テフロン加工のフライパンは傷つけてしまうとすぐに焦付きの原因になり、新しいものに買い替えなければいけません。

ですので、長い目で見ると鉄のフライパンは重宝しそうですよねー。

焦げの取り方も、手順を守れば綺麗に取れ、更に磨いても大丈夫な、鉄素材ならではの頑丈な作りになっています。

鉄のフライパンを20年以上も焦げつかさずに使っている人もいるらしいです。

テフロン加工のフライパンと、鉄などの他の素材のフライパンなど用途に分けて使用するのも良いかもしれません。

フライパンの焦げを優しく取って長持ちさせよう! -まとめ-

フライパンの焦げは手順や方法を守ればしっかりと落ちます。

また、フライパンを長持ちさせるためにはなるべく優しく洗い、正しく使うことが大事ですね。

フライパンを丁寧に扱って、毎日の調理時間のストレスを減らしていきたいところです。

 

◆フライパンの需要の目安はどう判断する?・・・こちらの記事もよろしければどうぞー。

フライパンの寿命の目安はどう判断する?長いのはどの素材?長持ちのコツ5選!
フライパンっていつまで使えるのか判断しづらいですよね。見た目は大丈夫だけどフライパンに油を引いても焦げ付きやすくなってきたとかだと、まだ使える!と思ってズルズル使ってたり。フライパンの寿命の目安について、寿命が長い素材や長持ちするコツについてご紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました