スポンサーリンク

麦茶パックを入れっぱなしはダメ?効率のいい冷やし方や冷凍保存方法!

食べ物

麦茶にもナトリウムやカリウムなどのミネラルやカルシウムも含まれていて、麦茶パックで麦茶を作るときには麦茶の栄養とたっぷりと水に出したい!

という思いから、麦茶パックをいれっぱなしにすることも。

麦茶パックをいれっぱなしにすると何か問題があるのか気になります。

この記事では、麦茶パックをいれっぱなしにするとどうなるかや、麦茶パックを取り出すまでの時間、効率のいい冷やし方、冷凍保存の方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


麦茶パックを入れっぱなしにするとどうなる?

濃い麦茶を作りたいとか麦茶パックを取り出すのが面倒なひともいるかもしれません。

そんな時は麦茶パックを入れっぱなしにすると思いますが、麦茶パックを入れっぱなしにすると何か問題があるんでしょうか。

麦茶パックを入れっぱなしにすると容器内の細菌を増やす原因になります。

麦茶の原料である大麦は穀物の一種なので大半が炭水化物でできています。

そんな麦茶パックをお水の中に入れっぱなしにすると麦茶パックは傷んできますよね。

また、味ついても麦茶パックは長く入れっぱなしにしておけばおいしいというわけではなく、香りや味わいが楽しめる程度で麦茶パックを取り出さないといけません。

苦味やえぐみが出たり、香りが損なわれることがあります。

 

◆麦茶で胸焼けや頭痛が起こることがある?!・・・こちらの記事もご覧ください!

429 Too Many Requests

麦茶のパックを置く時間はどれくらい?

麦茶パックをいれっぱなしにしておくと、味と衛生面で良くないということがわかりました。

では、麦茶パックを置く時間はどれくらいがベストなんでしょうか。

麦茶パックは煮出し、水出しどちらでも味をしっかりと出したら麦茶パックを取り出します。

麦茶パックを取り出すタイミングはお好みで変わりますが、水出しであれば2~3時間で出来上がり、長くても一晩までとしましょう。

麦茶を煮出す場合は、火を止めて5分ほどたったら麦茶パックを取り出します。



スポンサーリンク

麦茶の効率の良い冷やし方!

麦茶を煮出した方が濃い麦茶が早く出来上がりますが、麦茶を冷やしたいけど冷えるまで時間がかかり過ぎるのが難点。

麦茶を水出しするよりも煮出した方が沸騰させる分、衛生的に麦茶を作ることができるのもいいですよね。

でも、衛生的な観点から沸騰させて煮出した麦茶を常温まで冷ますことにも問題があります。

過去にコープ九州が行った実験によると、「煮出した麦茶を常温で冷ましたもの」が一番傷みやすいという結果が出ています。

その理由は、水道水を沸騰させると塩素が消えて、冷ます時に雑菌が繁殖しやすい30~40度の温度帯である時間が長いから。

一方、「煮出した麦茶をやかんごと急冷させたもの」が一番日持ちがいいとのことです。

ちなみに、煮出した麦茶を急冷させたものは1週間の冷蔵保存でも雑菌数がほとんど増えなかったそうです。

つまり、煮出した麦茶を効率よく冷やすことがポイントになりますね。

麦茶が完成したら粗熱をとって冷蔵庫で保存するんですが、早く粗熱を取るための方法をご紹介します。

定番の粗熱を取る方法といえば、水を張った桶にやかんごとつけておきますが流水で冷やすと水が大量に必要となるので水道代が気になるところ。

そこで、桶の中に氷や保冷剤を入れて冷やすことができます。

あとは、濡れフキンを数枚用意して、桶に下から5㎝ほどの高さまで水をはり、やかんを入れて濡れフキンを端が底の水に触れるようにやかんに貼り付けます。

濡れフキンでやかんを包む方法は意外と早く粗熱を取ることができ、1時間半~2時間程度で粗熱がとれるんですよ。

また、すぐに麦茶を冷やしたい場合は濃い麦茶を半分くらいの量で作っておいて、完成した中に大量の氷を入れる、という方法もあります。

麦茶は冷凍保存するのもおすすめ!

麦茶は冷凍保存しておくのも意外とおすすめです。

麦茶はさっさと飲み切るものだと思っていたので、麦茶の冷凍保存は考えにありませんでしたー。

麦茶を冷凍保存する場合は製氷機に麦茶を入れて冷凍するのがおすすめ。

常温の麦茶の中に、麦茶氷をいれると麦茶が冷えて、なおかつ味が薄くならないという良いアイデアですよね。

また、ペットボトルの半分くらいの量で麦茶を冷凍保存しておいて、使う時にペットボトルはいい位置で切ってから麦茶氷を常温や出来立て熱々の麦茶の中にいれるのもいいですよ!

麦茶は夏の水分補給にぴったりな飲み物! -まとめ-

麦茶は夏の定番の飲み物で大量に作っておきたいですが、麦茶パックを入れっぱなしにしたり、常温で保存しておくことは衛生的におすすめできません。

麦茶パックを入れっぱなしにせずに、いれておく時間は煮出した場合は火を止めてから5分まで、水出しの場合は長くても1晩まで。

せっかく作った麦茶を台無しにしないように気を付けましょうね。

特に煮出した麦茶を安全に長持ちさせるには、早く粗熱をとって冷蔵庫に入れる事。

効率よく粗熱を取る方法には目からウロコな方法もありました。

麦茶は水分補給に向いている飲み物なのでガブガブおいしく安全に飲みたいですね!

 

◆熱中症予防に麦茶を飲むのはダメなの?・・・こちらの記事もご覧ください!

熱中症に麦茶はダメ?塩分補給の目安が知りたい!冷やす部位はどこ?
暑い日が続くと心配になってくるのが熱中症。熱中症を予防するのに大事なのは水分と塩分補給ですが普段飲む麦茶でも大丈夫?熱中症予防に麦茶は本当にダメなのか、塩分補給の目安、熱中症に効く冷やす部位、熱中症にかかりやすい人の特徴などご紹介します。

 

◆麦茶のベビー用と普通の麦茶の違いは?・・・こちらの記事もご覧ください!

麦茶のベビー用と普通の麦茶の違いは?何歳から飲ませてもいい?
麦茶にはカフェインが入っていないので、刺激が少ない飲み物とされ、小さな子供でも飲むことができます。麦茶のベビー用と普通の麦茶の違いや、何歳から飲ませてもいいのか、便秘で困る赤ちゃんにも向いていて、離乳食にもできることをご紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました