スポンサーリンク

マーラータンは体に悪い?気になるカロリーや体にいいと言われる理由!

食べ物

ここ数年人気が出てきているマーラータン(麻辣湯)は韓国でも人気で話題になりました。

マーラータンは漢字にするとわかりますが、痺れる辛さが病みつきになるんですよね。

しかも、マーラータンは麺料理と思いきや、中国料理ではスープの位置付けなんです。

マーラータンが美味しいので頻繁に食べたいけど体に悪いとか体にいいとかいろんな話が出て気になります。

この記事では、マーラータンは体に悪いのか、カロリーや体にいいと言われる理由や効果をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


マーラータンは体に悪い?

マーラータン(麻辣湯)は中国の四川省が発祥の辛いスープです。

鶏や豚などを煮込んだスープに、30種類以上の薬膳スパイスを組み合わせています。

マーラータンの味や作り方はお店によって違いますが、

麻(マー)→ ビリビリと痺れる辛さをもたらす花椒

辣(ラー)→ ピリ辛を意味する唐辛子

を使うのはほとんどのお店で共通しています。

あとは、八角や丁子やヒハツ、桂皮などお店によって使われているスパイスは様々です。

さらに、マーラータンは何十種類ものトッピングと、春雨や麺もいろいろ選べるようになっているので自分好みの内容にカスタマイズできるのも人気の秘密です。

そんなマーラータンは体に悪い、とも言われていますが、たくさんの薬膳スパイスが使われているのになぜ?と思いますよね。

マーラータンが体に悪いと言われる理由は、

・辛いのでお腹を壊す人がいる

・カロリーが高い

・塩分が高い

など、心配されています。

元々辛さに強くない人は、マーラータンの辛さは辛すぎると思いますし、辛いものを食べると体調を崩す恐れのある人は食べるのを避けた方が安心ですね。

また、マーラータンの塩分は高いと言われていますが、実はラーメンよりも塩分は低いんです。

とはいえ、マーラータンの汁まで全部飲み干すとそこそこの塩分量になりますので、気にかけた方がいいかもしれません。

マーラータンにはいろんな薬膳スパイスが入っていますので体に悪いということはありませんよ。

ただし、食べ過ぎには注意ですね。  

↓花椒の代用はある?食べ過ぎたらどうなる?・・・よろしければこちらの記事も参考にご覧ください♪

花椒(ホワジャオ)の代用はある?食べ過ぎるとどうなる?
花椒(ホワジャオ)といえば、麻婆豆腐や麻婆茄子など痺れる辛さが特徴のスパイスです。 最近では、花椒を使っているマーラータンが人気なので、花椒が気になっている人も多いのでは。 そんな人は、花椒が家にないので他に代用できるものがあれば試して...

 

マーラータンの気になるカロリーは?

マーラータンは体に悪いわけじゃないということはわかりましたが、やっぱりマーラータンのカロリーは気になりますよね。

マーラータンは麺や具材がカスタマイズできるメニューなのでカロリーはかなり変わってきます。

一般的なマーラータンのカロリーは1人前約551キロカロリーです。

そして、糖質35.9g、塩分0.1gとなっています。

また、一般的なしょうゆラーメン1人前(約598g)のカロリーは約435キロカロリー、糖質約73g、塩分約6〜7gです。

マーラータンのカロリーはしょうゆラーメンよりも低いですが、糖質や塩分はマーラータンの方がかなり低いですね。

マーラータンは辛いスープ春雨と思われがちですが、春雨だけでなく麺なども選ぶことができます。

そして、具材も野菜や卵、肉団子など好きなものが選べますので、カロリーを抑えたい場合はヘルシーな具材を選ぶとマーラータンのカロリーが抑えられます。



スポンサーリンク

マーラータンが体にいいと言われる理由!

マーラータンといえばヘルシーで体にいいと言われる方が多いです。

とにかく、辛いので汗をかきますし、塩分が低いという点もマーラータンが体にいいと考えられる理由です。

さらに、マーラータンには30種類ものスパイスが使われていて、そのスパイスには漢方作用を持つものがたくさんあります。

漢方作用といえば、美容や健康に効果が期待できますよね。

マーラータンが体にいいと言われるスパイスの効果の一部をご紹介します。

花椒(ホアジャオ)・・・日本では、花山椒と呼ばれています。

殺菌作用・鎮痛作用・デトックス効果があります。

また、消化不良・吐き気・腹痛・下痢など消化を助ける作用、ホルモンバランスを整えたり、血行の促進や睡眠改善にも役立ちます。

八角(ハッカク)・・・豚の角煮でも使われるスパイス。中国料理では煮込み料理の香り付けに使用されています。

八角に含まれるリモネンという成分には胃腸の動きを活発にして消化を助ける作用があります。

食欲不振や吐き気の回復にも役立ち、腸にガスを溜まりにくくさせます。

女性ホルモンの分泌を促す作用、生理不順・更年期障害の改善にも効果があります。

さらに、精神状態を安定させる作用もあります。

 
ヒハツ・・・ロングペッパーや島こしょうとも呼ばれ、古代インドの健康法「アーユルヴェーダ」でも消化不良や食欲不振に効果があります。
 
血行を促進し、血圧を下げる効能があり冷え性を緩和します。
 
更に、体の隅々まで滞りなく血液を流し栄養を全身に届けるので、自然に痩せやすくなる体をつくってダイエットに繋がります。
 
ただし、大量に摂取すると胃腸に支障をきたす場合があります。   
 
マーラータンに使われるスパイスのほんの一部しか紹介していませんが、これだけもたくさんの効果が期待できそうですね。   
 
↓マーラータンを自分で作る時に必要な食材やスパイスはこちらをチェックです
 
https://www.petit-oignon.me/cuminpowder-howtouse/
 
https://www.petit-oignon.me/hihatsu-sell/
 
https://www.petit-oignon.me/china-tanmyon-sell/
 

マーラータンを食べて得られる効果!

マーラータンは鶏や豚などを煮込んだスープに、30種類以上の薬膳スパイスを組み合わせています。

薬膳といえば、中国では漢方薬として使われているもので、痩身や健胃など様々なデトックス効果が期待できます。

そして、マーラータンには美肌を作るコラーゲンがたっぷりで、唐辛子のカプサイシンは脂肪を燃焼させる効果があります。

マーラータンは辛いので、唐辛子などのスパイスで新陳代謝を促したり、冷え性や肌荒れにも良いといわれているんですよ。

さらに、トッピングには野菜がたくさんあり、食物繊維が豊富ですのでダイエットに最適なヘルシーフードと言えます。

マーラータンはヘルシーだけど食べ過ぎには注意! -まとめ-

マーラータンはその辛さがクセになるという人も多く、韓国や日本でも人気がじわじわ出てきています。

辛いマーラータンを食べて、汗をかけば気分もスッキリに!

マーラータンが気になりつつも体に悪いんじゃないかと気になる人が多いかもしれません。

マーラータンが体に悪いのではと思う理由として、

辛いのでお腹をこわす

塩分が高い

カロリーが高い

などが挙げられます。

辛いものが苦手な人でお腹を壊す人はいるかもしれませんが、マーラータンの塩分やカロリーは意外にも醤油ラーメンよりも低いんです。

そして、痺れる辛さとピリピリした辛さをあわせ持ったマーラータンには30種類以上の薬膳スパイスが使われています。

薬膳スパイスといえば、冷え性の改善やデトックス効果などいろんな効果が見込めます。

そんな、マーラータンは体に悪いというよりも、体にいいイメージの方が強い食べ物です。

マーラータンは辛い料理が苦手な人には敬遠されがちですが、スープの辛さを選べるお店も多いし、トッピングで野菜をたっぷり加えれば、ヘルシーな料理にもなりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物
プチオニ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました