スポンサーリンク

テフロン加工のフライパンで揚げ物してもいい?空焚きした場合はどうする?

生活

揚げ物をちょっとだけ作りたい時、フライパンで揚げようか悩ましい時がありますよね。

でも、家にあるテフロン加工のフライパンで揚げ物するのはダメかもしれない・・・。

テフロン加工のフライパンで揚げ物するとフライパンが痛みそうです。

この記事では、テフロン加工のフライパンでの揚げ物は可能なのか、空焚きした場合や正しい使い方などについてご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


テフロン加工のフライパンで揚げ物してもいい?

少量の揚げ物を揚げる時に、天ぷら鍋を準備するのが面倒ですよね。

私は面倒だなと思ってしまうので、フライパンに多めの油をひいて揚げ物をすることがあります。

天ぷらなどはちょっと難しいですが、フライなどであれば問題なく揚げることができますし、油の量も少なくて済みますからね。

ですが、テフロン加工のフライパンで揚げ物するのはNG

とまではいかないけど、避けた方が無難です。

テフロン加工のフライパンの取扱説明書には、テフロン加工のフライパンは高温にしないようにと注意書きが書いてあります。

そして、テフロン加工のフライパンは高温に弱く、高温状態になるとテフロンが剥がれたり、有毒ガスが発生してしまう可能性があります。

テフロン加工のフライパンは中火以下で使うようにすると長持ちするんですね。

ということで、テフロン加工のフライパンで揚げ物は不向きであるということになります。

テフロン加工のフライパンを空焚きした場合はどうする?

テフロン加工のフライパンを鉄のフライパンと同じように洗ったあとに空焚きしてしまった!!

テフロン加工のフライパンは高温に弱いというので空焚きしてしまったあとのフライパンは、使っても大丈夫なのか気になります。

テフロン加工はふっ素加工ともいい、250℃以上になると徐々に劣化が始まります。

そして350℃~400℃ほどで熱分解が起こり、有毒ガスを発生させるので、強火での調理や空焚きは禁止となっています。

もし、テフロン加工のフライパンを空焚きしてしまったら、すぐに火を止めて、窓を開けて空気を入れ替えてください。

テフロン加工のフライパンが焦げ付かないというメリットはとても助かる機能ですが、高温に弱いというのは困った弱点ですね。

ちなみに、普通のフライパンであれば強火で1分の加熱で200℃まで上がります

フライパンは簡単に高温になってしまうというわけですので、調理中はフライパンから目を離さずに弱火~中火をキープしなくてはいけないことになります。

また、少量の食品を使った調理も空焚きと同じ状態です。

ですので、長く加熱する場合はテフロン加工のフライパンを使うのは避けた方が良さそうですね。

次にテフロン加工のフライパンを買い替えるならこんなのはどうでしょう♪



スポンサーリンク

テフロン加工のフライパンの正しい使い方!

高温に弱いテフロン加工のフライパンの正しい使い方についてご紹介します。

テフロン加工の良さを十分に活かせるようにしたいですね。

・最初に使用する時は中火以下で加熱しながら少量の油を敷いて馴染ませる

・中火以下で調理をする

・空焚き防止のため、少量の食材を使っての調理の際は少量の油をしいてから調理をする

・金属製のヘラやおたまなどは使わない

・料理をフライパンに入れっぱなしにしない

・調理後すぐに水をかけたり入れたりしない

・やわらかいスポンジで洗う

・調理後は汚れを拭き取り冷めて身体洗う

以上のことを守るとテフロン加工のフライパンの寿命がぐんと延びます。

テフロン加工のフライパンを正しく使う上の注意点もたくさんありますが、せっかくなので大切に使いたいですね。

また、テフロン加工が剥がれてしまった場合には、自分でフッ素加工をすることもできますが、元通りというのはちょっと難しいようです。

新しく買い替えて次からのテフロン加工のフライパンは大切に使うぞ!と使ってもらうほうが安上がりになるかもしれませんね。

テフロン加工のフライパンは高温にならないよう注意! -まとめ-

テフロン加工のフライパンは高温での使用を禁止しているので、揚げ物には使えません

テフロン加工のフライパンは中火以下で丁寧に扱う方が長持ちします。

また、テフロン加工のフライパンは焦げつきにくく、少量の油で料理をヘルシーにすることができてストレスフリー。

使い方に気をつければ長く使えるので、正しいお手入れをして長く使えるようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました