スポンサーリンク

るなぱあくの駐車場情報!乗り物の年齢や周辺にランチスポットはある?

るなぱあく観光地

るなぱあくは群馬県前橋市にある遊園地で正式名称は「前橋市中央児童遊園」といいます。

前橋公園と隣接しているるなぱあくは入場料は無料なので、気軽に公園に入る感覚で遊びに行けるのが人気の秘密。

小学生以下の子供であれば十分に楽しめるるなぱあくは混雑する日もあり駐車場の確保が大変です。

この記事では、るなぱあくの駐車場情報や、乗り物の対象年齢や周辺のランチスポット、営業時間などの詳細情報をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


るなぱあくの駐車場情報!

るなぱあく

引用元:https://www.gunlabo.net/event/event.shtml?id=1527

るなぱあくの駐車場は専用駐車場としては、

  • 西口 12台
  • 東口 40台

の合計52台分しかるなぱあくに隣接する駐車場がありませんので、開園と同時に満車になってしまうのが難点・・・。

るなぱあくへのアクセスが車の場合は駐車場の確保が大変なんです。

ほとんどが小さな子供連れなので、るなぱあくから駐車場まで遠いと特に帰りが大変ですよね。

土日祝や夏休みシーズンなど、るなぱあく周辺で利用できる駐車場をご紹介します。

前橋公園駐車場

前橋公園駐車場はるなぱあくとつながっている駐車場です。

前橋公園の利用者なら無料で使うことができますが、るなぱあくを利用する時も使用して問題ありませんよ。

前橋公園駐車場からるなぱあくまで歩いて5分~10分程度の距離です。

駐車場の出入口は東側(グリーンドーム側)と南側があり200台ほどのスペースがあるので広くて駐車しやすいのがおすすめです。

ただし、前橋公園駐車場は公園利用者と共用になるのでお昼前には満車になる可能性が高いです。

旧県知事校舎跡駐車場

旧県知事校舎跡駐車場はるなぱあくの道路を挟んで南側にあります。

土日祝に限りるなぱあくの臨時駐車場として無料で60台分開放されています。

旧県知事校舎跡駐車場はるなぱあくまで歩いて3分と近いので、るなぱあく専用駐車場の次に満車になります。

グリーンドーム前橋第1駐車場

グリーンドーム前橋第1駐車場は、るなぱあくの無料臨時駐車場として使われる時があります。

そして、グリーンドーム前橋第1駐車場グリーンドーム前橋の東側(右側)から入る大型の駐車場で379台収容できます。

るなぱあくまでは徒歩10~15分ぐらいの距離です。

グリーンドーム前橋第5駐車場

グリーンドーム前橋第5駐車場も、るなぱあくの臨時駐車場として使われる時があり、無料で開放されます。

グリーンドーム前橋第5駐車場は確実に空いている駐車場ですが、るなぱあくまでは徒歩15分ほどかかります。

ベビーカーがあれば、るなぱあくまでの道も補装されているので、距離さえガマンすればそれほど苦痛ではないですよ。

その他の駐車場

るなぱあく周辺に有料の駐車場は残念ながらありません。

最低徒歩10分はかかりますが、グリーンドーム第5駐車場よりは近い駐車場をご紹介します。

  • 前橋中央駐車場
  • 千代田パーキング

いずれのパーキングも有料であることを考えると、徒歩15分かかっても無料で利用できるグリーンドーム前橋第5駐車場を利用した方がお得ですね。

るなぱあくの乗り物の対象年齢は何歳から?

るなぱあく

引用元:https://www.dokka.jp/sp/kanto/facility/?s=723

るなぱあくは小学生以下の子供であれば十分楽しめる、ということですが、るなぱあくの乗り物の対象年齢は何歳からでしょうか?

満4歳未満の子供が乗り物を利用するときの付き添いは一人までが無料なので、大人が付き添って乗れば1歳の子供でも乗ることができますね。

るなぱあくの口コミから調べてみると、

1歳の子供でも、るなぱあくの木馬に乗れた

赤ちゃんは抱っこで乗れる

 

ということですので、乗り物によっては問題なさそうですね。

るなぱあくの乗り物などアトラクションは2歳~5歳がストライクソーンで4歳からはすべての乗り物に1人で乗ることが可能。

ですので4歳、5歳の子供が一番楽しめるし大人も安心して遊ばせることができます。

そして、るなぱあくの魅力は入場料が無料で乗り物のほとんどが1回50円で乗れるところ。

50円券が11枚綴っている回数券は500円で販売していますが、使いきれないという人も続出。

50円で利用できる乗り物は8種類ですが、リピーターも多くほんとに最小限のお金で楽しめるのがいいですね。

ちなみに、10円で乗れるるなぱあくの木馬は登録有形文化財に登録されているレトロな木馬ですが、小さな子供が何回も乗りたい!と興奮するほど人気の乗り物なんですよー。

ただし、るなぱあくの木馬は10円玉しか使えないので大量の10円玉を用意しておきましょう!

 

また、るなぱあくに新しくできた迷路の「とことこ迷城」にも注目。

るなぱあくの迷路は破格の1人200円というお値段ですが、スタンプラリーをしながら迷路を進む遊び方で大人でも迷ってしまうほどの出来。

かなり楽しめる迷路なので是非試してみてくださいね。



スポンサーリンク

るなぱあくの周辺のおすすめランチスポット!

るなぱあくでのお昼ごはんを考えている場合は、一番のおすすめはお弁当を持参すること。

るなぱあく内にはワゴン販売ややキッチンカーもあり食事を楽しめますが、時間によっては売り切れている場合もありお弁当だと確実にお腹を満たすことができます。

そして、るなぱあくでの食事もいいけど周辺でランチできるお店があればたまには利用するのもいいですね。

るなぱあく周辺のランチできるお店で子連れでもおすすのお店をご紹介します。

SUN


レストランSUNは群馬県やその近隣の野菜や食品を扱う「野菜直売所 おれん家ふぁーむ」の中にあります。

SUNではランチバイキングが月・火・金・日の数量限定で利用できるんです。

ランチバイキングの内容は季節のメイン料理と野菜たっぷりのおかず、ごはん、サラダ、スープ、ドリンクもおかわり自由で864円。

2020年2月18日より休業中とのことで、再営業を始めたら是非行ってみてくださいね。

住所:群馬県前橋市天川大島町1364-1 元気農業産直ランド おれん家ふぁーむ

営業時間:平日ランチタイム11時半~(LO13時半)

定休日:水曜日

平日日曜のランチバイキングは先着50名、土日祝のカレーランチは先着20名まで。

グリーントゥモロー


グリーントゥモローは利根川沿いにあるカフェで、キッズスペースがあるのでお子さん連れのママ達がランチをしに来店します。

そして、おむつ交換ができるベッドや椅子などの設備が整っているので子連れ大歓迎なカフェなんです。

食事はイタリアン中心のメニューでボリュームもあり人気。

住所:群馬県前橋市小相木町764

営業時間:10時~17時(ランチは11時~15時)

定休日:水曜・木曜日

るなぱあくの詳細情報!

  • 開園時間:(3月~10月)9時半~17時 (11月~2月)9時半~16時
  • 定休日:火曜日(春休み・夏休みは無休)
  • 入園料:無料
  • 駐車場:無料

(東側駐車場、西側駐車場、前橋公園駐車場)

公共交通機関でのアクセス

最寄り駅:JR前橋駅、JR新前橋駅、上毛電鉄中央前橋駅、からバス利用

  • JR前橋駅北口ロータリーから
    前橋公園行き1番乗り場乗車→前橋公園前下車徒歩3分

   5番乗り場乗車もしくは、高22「新前橋駅西口行き6番乗り場」乗車→遊園地坂下下車徒歩3分

  • JR新前橋駅西口ロータリーから
    総合スポーツセンター行き乗車→遊園地坂下下車徒歩3分マイバス(北循環)

  • 上毛電鉄中央前橋駅から
    北循環31:中央前橋駅前乗車→北循環10:臨江閣前下車徒歩3分

るなぱあくは地元で人気のゆる遊園地! -まとめ-

るなぱあくは昭和29年にできた前橋市の地元の人に愛される遊園地で親子3代、4代に渡って親しまれています。

その古さを物語るのは国の登録有形文化財に登録されている木馬の乗り物

令和になった今でもるなぱあくの木馬は稼働中で1回10円という価格も人気の秘密です。

るなぱあくの木馬以外の乗り物もその古さのせいかギシギシ音がするのがスリルがあるという声もありますね。

小学生以下の小さな子供なら十分楽しんでくれるるなぱあくですが、小学校低学年ぐらいまでなら何とか楽しんでくれそう。

るなぱあくでのランチはお弁当を持参すれば、ほんとに一日お金をあまりかけずに遊べますので一度遊びに行ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました