スポンサーリンク

カルピスの原液の賞味期限は過ぎても飲める?アレンジ方法やおいしい割合は?

食べ物

誰もが必ず飲んだことがあるはずのカルピス
私は断然原液派!
夏にはカルピス原液濃いめで氷をたっぷり入れて、
ちょっと濃すぎたかなぁ
と反省しながら、ちびちびと少しずつ薄くなっていくのを飲むのが大好きです。
でも、夏を過ぎるとカルピスを飲む機会が減って、そのまま忘れて、気が付けば賞味期限切れになることもしばしば…(あぁもったない)。
この記事では、カルピス原液の賞味期限と、アレンジ方法やおいしい割合、値段などについて紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


カルピスの原液の賞味期限は過ぎても飲める?


カルピス原液の賞味期限については「9ヶ月」となっています。
カルピス原液の賞味期限9ヶ月は長いと思いますか?それとも短いと思うでしょうか?
私は思ったより長いな、という印象でした。
カルピス原液の賞味期限、おいしく飲めるのが9ヶ月なので、気にしなければ1年くらいでも大丈夫です。
実際、私も賞味期限切れのカルピスを飲んだことがありますが、体調不良などにはなりませんでしたよ。
もちろんおいしかったです!
賞味期限はあくまで未開封の場合の賞味期限なので、開封した場合は2週間程度を目安に飲み切ることをお勧めします。
ちなみに、カルピスの原料は牛乳(だから白い)とカルピス菌を発酵させたもの。
カルピス菌がなくなるとカルピスは作れなくなるそうで、継ぎ足しで100年間作り続けているそうなんです。
カルピスの原液は原料が牛乳なので、開封してしまうと酸化して酸味が出てきます。
飲んだり、匂いを嗅ぐとすっぱいと感じるはずなので、飲めないなとすぐに気づくはず・・・。

カルピス原液は味もいろいろ!好きな味を選べるのは魅力的~♪

カルピス原液のアレンジ3選!お料理にも使える!


カルピスはそのまま飲むのが1番かもしれませんが、カルピス原液のアレンジ方法がいろいろあるんですよ。
私が興味を持ったものや、実際作っておいしかったものなどをご紹介します。

かき氷のカルピスかけ

いちごシロップと一緒がお勧めで、私はこの組み合わせが一番大好きです。
いちごシロップにカルピスと練乳をかけて、濃い~1品としてお召し上がりください!

 白ワインとカルピス

カルピス(原液)と白ワインを合わせます。それぞれの量は好みで。
カルピスの甘さと白ワインのすっきりさがおいしいので、飲みすぎ注意!

 クラムチャウダー

クラムチャウダーの牛乳の代わりにカルピス(原液)を入れます。
ほどよい酸味が癖になりますが、牛乳と一緒に入れてまろやかにするのも良いと思います。
また、カルピス原液の意外なアレンジ方法として、お菓子作りやお料理にも使えるんですよ。

たとえば、お菓子作りならチーズケーキやカップケーキ、生チョコレートなど。

カルピス原液をお料理でアレンジするなら、ちらし寿司の酢飯に入れたり、カレーの隠し味、サバの味噌煮やフライドチキンなど気になるレシピがたくさん!

カルピスのホームページにアレンジレシピがあるので参考にどうぞー。



スポンサーリンク

カルピスの原液を美味しく飲む水との割合は?

カルピスをおいしく飲むためのカルピス原液と水の割合(いわゆる黄金比率)は1:4。
推奨は1:4~5とのことですが・・・
う・・・薄い。
絶対にカルピス原液は濃い派な私としては許せない割合。
私的には1:3.5(3だと濃すぎるんです)をお勧めします。
濃いカルピスを飲んだ時のちょっと贅沢しちゃった感と、飲んだ時に口の中に膜みたいなもの(牛乳の膜と同じようなものなのでしょうか?)が残るくらいが好きです。
私と同じように、カルピス原液が濃いめで飲む人は多いようでうれしくなりますね!

カルピスの原液の値段で最安値は?

一家に1つカルピス原液、と思っても値段がちょっと高いなぁと思われることでしょう。
カルピス原液(470ml)の希望小売価格は460円(税別)です。
ちょっとお高めという印象ですが、カルピス原液1本で150mlのカルピスが約15杯(5倍希釈の場合)作れます。
1杯当たり30円ぐらいと思うとそれほど高くありませんよね。
また、スーパーなどでのカルピス原液の販売価格はもっと安いのでカルピスウォーターなどに比べてお得です。
ちなみにカルピス原液をAmazonで購入すると、1本288円(3本セット864円)
アスクルは1本266円(5本セットで1334円)
西友のネットショップでは276円(2本より注文可)です。
アスクルで購入か、スーパーなどで購入したほうが断然お得だと思います。

カルピス原液を大量消費するご家庭は業務用パックがお得ですよ♪

カルピスの原液は家庭にひとつあると使える! -まとめ-

カルピス原液はカルピスウォーターなどと比べると割高に感じるかもしれません。
でも、カルピス原液を好きな濃さで飲めて料理やデザートなどにも使えますし、
カルピス原液自体がすっぱくならなければ賞味期限も気にならない・・・はず。
カルピス原液があるのを忘れて置きっぱなしだった!と言う場合もおいしく使うことができます。
そんな、カルピスをスーパーなどでお安く手に入れて、上手に活用してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました