スポンサーリンク

紫陽花の鉢植えが枯れる原因は?室内など置き場所に問題がある?

生活

梅雨の時期が近づいてくると、紫陽花があちこちで咲き誇っています。

雨に濡れて色濃くなる紫陽花も素敵ですが、家で楽しむために紫陽花の鉢植えを買ってきました。

でも、紫陽花の鉢植えが枯れてしまって台無し・・・そんな経験はないでしょうか。

水のやりすぎか、置き場所が悪いのか、何が原因でしょう?

この記事では、紫陽花の鉢植えが枯れる原因や、アジサイの鉢植えの置き場所、室内で育てることができるのか、長持ちさせる方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


紫陽花の鉢植えが枯れるのはなぜ?

紫陽花の鉢植えを買ったり、もらったりして自分で育てる場合枯れることがあります。

紫陽花の鉢植えが枯れる原因は3つ!順番にご紹介しますね。

水やりの量が間違っている

紫陽花は乾燥が嫌いで、水やりが適切な量でないと枯れることがあります。

紫陽花の鉢植えの場合は、春から夏にかけては土が乾いたタイミングで水やりをしてください。

7~9月ごろにかけては特に暑くて乾燥しやすいので、1日2回の水やりをしましょう。

また、乾燥しやすい時期には「腰水(こしみず)」という方法もおすすめです。

腰水は、朝水やりするときに植木鉢の受け皿に2cm程度の水を溜めておいて、夕方になると捨てます。

もし、水を捨てるのを忘れて放置してしまった場合は、根腐れするかもしれませんので注意です。

日に当たりすぎる

紫陽花は日光に当たりすぎると弱ってしまうことがあります。

真夏の直射日光のような強い日差しに当たると、乾燥の原因にもなって葉が焼けます。

紫陽花は特に西日が苦手なので、紫陽花の鉢植えは半日陰で西日が当たりにくい場所に移動させましょう。

植木鉢の大きさが合っていない

紫陽花の花に対して鉢が小さすぎると、根に十分な水分が行きわたりません。

また、紫陽花が大きくなるにつれて根も成長するので、根詰まりしやすくなります。

対処法としては、紫陽花が大きくなってきたら、一回り大きな鉢に植え替えしましょう。

ちなみに、紫陽花の植え替えの時期は、開花後の7月終わりごろ~9月ごろ、もしくは、11月~2月が良いタイミングなんですよ。

この植え替えのタイミングを間違えても、紫陽花の鉢植えが枯れる原因となるので注意しましょう。

紫陽花の鉢植えは室内で育てても問題ない?

紫陽花の鉢植えを室内で育てることはできるのでしょうか。

紫陽花にも品種があり、品種によって室内での栽培に向いてるものとそうでないものがあります。

一般的にホームセンターなどで販売されている紫陽花はガクアジサイといい、品種名がわからないものもガクアジサイであることが多いです。

ガクアジサイは寒さに強く、枝さえ折れなければ雪が積もっても大丈夫な品種もあるほどで、日本の戸外の環境で育てるのに適しています。

そして、夏の日差しは苦手なので、年間を通して半日陰に置くようにしましょう。

つまり、ガクアジサイの場合は室内で育てるには向いていません。

ガクアジサイは寒さに当てた方が花付きが良くなるので、戸外で育てましょう。

また、紫陽花の苗ではなく鉢花として紫陽花を買ったり、プレゼントでもらう場合がありますよね。

これは、花が咲いている時だけ室内で楽しむことができます。

その他にも、室内で管理ができる紫陽花は、

秋あじさい・・・涼しくて、強い日差しが当たらない環境を好むので室内向き。

枝ぶりの小さいあじさい・・・剪定しやすいように品種改良されているので場所をとらず室内向き。



スポンサーリンク

紫陽花の鉢植えの置き場所で正しい場所は?

紫陽花の鉢植えの置き場所が合っているかどうか気になるところです。

アジサイの品種によって置き場所が変わってくるので、ご紹介しますね。

・室内で育てられる品種は、直射日光を嫌います。

・半日陰程度で育つ品種であれば、秋から春までは日当たりの良い窓際に置いてください。

・強い日差しを嫌う品種や、秋アジサイのように花を長持ちさせたい品種の場合は、

開花期以外は午前中に少し日の当たるような場所に置いて、午後からは直射日光の当たらない場所に置きます。

開花中は直射日光に当たると花が咲き進むので、直接日光に当たらない涼しい場所に置くようにしましょう。

また、すべての品種でいえる事ですが、冷房や暖房の風が直接当たるのはNG

夏は涼しい環境を好むので、冷房がかかっている部屋に置いてもいいですが、エアコンや扇風機の風が直接当たらないように気をつけましょう。

そして、冬はある程度の寒さに当てた方が締まった株に育ちます。

ですので、できれば暖房の風が当たらない場所で、涼しい風通しの良い場所に置いた方がいいんですよ。

紫陽花の鉢植えを長持ちさせる方法!

 

紫陽花の鉢植えの花が咲いたらできるだけ長持ちさせて楽しみたいと思うもの。

開花中の紫陽花は、直射日光が当たる高温の場所に置くと花が急に咲き進んで花の寿命が短くなってしまいます。

そして、紫陽花は直射日光に当たると花が乾燥し、本来は秋まで花が持つ品種もすぐに茶色くなってしまうことも。

花が咲いた状態でプレゼントでもらったり、購入した場合は直射日光は避けてできるだけ長く花を楽しみましょう。

開花中は室内でも楽しむことができるので、うれしいですね。

ただし、日当たりと水やり、エアコンの風に当てないなど、先ほどご紹介した紫陽花の鉢植えが枯れる原因となる要素は避けるように気を付けてくださいね。

紫陽花の鉢植えはできるだけ長持ちさせて楽しんで -まとめ-

紫陽花は鉢植えで自分で楽しみたい時や、母の日のプレゼントでもらうことも多いでしょう。

手軽に室内で楽しめると嬉しいですが、紫陽花は品種によって室内管理に向き不向きがあります。

一般的にホームセンターなどで見かける紫陽花は室内管理に向かないガクアジサイという品種です。

できるだけ品種を確認して、その品種に合った管理をしてあげてください。

また、紫陽花は直射日光と高温と乾燥を嫌います。

紫陽花の鉢植えを枯れることなく育てるポイントは、

・年間を通して半日陰の場所に置く
・水やりはたっぷりと
・紫陽花の大きさにあった鉢植えに入れ替える

開花期以外・・・午前中は少し日が当たるような場所、午後は直射日光の当たらない場所に置きます。

開花中・・・直接日光に当たらない涼しい場所に置くようにしましょう。

紫陽花の開花中は室内でも花を楽しむことが可能です。

エアコンの風に当たらないように、愛情をもって育ててあげると、次の年も花を咲かせてくれるでしょう!

紫陽花の育て方をマスターして、キレイな花を満喫してください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました