スポンサーリンク

沖縄でホエールウォッチングできる時期は12~4月!場所はどこがいい?

レジャー

沖縄で冬に楽しめるアクティビティといえばホエールウォッチングです。

意外にも、沖縄ではザトウクジラを見ることができるんですねー、しかも、その遭遇率は98%だそうです。

沖縄でホエールウォッチングができる時期は、沖縄旅行のオフシーズン

ホエールウォッチングは、知る人ぞ知る穴場的な楽しみ方ですね。

この記事では、沖縄でホエールウォッチングができる時期についてや、オススメの場所、ホエールウォッチングツアーの出発地についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


沖縄でホエールウォッチングできる時期は12~4月!

沖縄でホエールウォッチングができる時期は、12月~4月で、その中でもベストシーズンは1月~3月です。

また、2月から3月にかけては、母子クジラが仲良く泳ぐ姿を見ることができるかもしれません!

実は、日本全国のあちこちにホエールウォッチングできるスポットが点在しているんです。

人気があるのは、北海道、小笠原諸島、高知県、奄美大島、沖縄の5ヶ所で、時期によってベストシーズンやクジラの種類が違ってきます。

それぞれに、アピールポイントはあるんですが、クジラの遭遇率の高さは沖縄が他のどこよりも高いのが特徴です。

クジラの遭遇率が高いだけあって、万が一クジラに遭遇できなかった場合は、ツアー代金全額返金制度を設定しているプランも存在します。

どーしても、クジラが見たい!!

という人には沖縄のホエールウォッチングはおすすめです。

ちなみに、1人でも参加できるツアーがありますので、ひとり旅でも、友達やカップルでも気軽に参加することができますよ。

沖縄でホエールウォッチングする場所はどこがいい?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Naoko Takekoshi(@takekos)がシェアした投稿


沖縄でホエールウォッチングができる場所とは、

  • 慶良間諸島・・・那覇市から約40kmの海上にある島々、その中でも座間味島近海がホエールウォッチングの本場として有名。
  • 伊江島・・・沖縄本島北部にある伊江島の周辺海域でもザトウクジラをみることができる。

主に上記2ヶ所があります。

慶良間諸島か伊江島のどちらがいいかということになりますが、慶良間諸島はホエールウォッチングの本場で魅力的だし、

伊江島は北部にあるので、海の水が澄んでいて、クジラが良く見えるそうです。

どちらでも魅力はあり、大きな差はないと思うので、ホエールウォッチング予定日の前日の宿泊先で決めるといいでしょう。

ちなみに、ホエールウォッチングのポイントまで、クジラを見に行く手段は高速船のみです。

なぜ、高速船かというと、クジラはとても臆病で、小回りの利く高速船はクジラを怖がらせることなく接近しやすいそうです。

しかも、万が一ポイントでクジラが見られなくても、高速船の移動でスイスイと次のポイントまで移動できるので、クジラの遭遇率が高いと言われています。

クジラの遭遇率が高いもうひとつの理由は、漁業組合との連携があり、クジラが見つかると無線で教えてくれるんです。

そして、ホエールウォッチングツアーの催行会社同士も協力しあってクジラの情報を共有している点にもあります。

ただし、強風や波が高かったりすると、どこの催行会社もツアーを中止しますのでご理解くださいね。

 

●冬の沖縄の楽しみ方!ホエールウォッチング以外もある!・・・こちらをご覧ください♪

沖縄観光の冬ならではの穴場スポット!ホエールウォッチングや桜を楽しむ!
沖縄といえば、夏のイメージが強く、青い空に、真っ青の海で開放的な気分を味わえるのが魅力。なので、夏に比べると冬の沖縄に訪れる人は少なくなります。沖縄観光で冬ならではの過ごし方があるんですけど、行った人にしか体験できない穴場があるんです!


スポンサーリンク

沖縄でホエールウォッチングするには那覇発が好アクセス!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Relax Island(@divingservice_relax_island)がシェアした投稿


沖縄でホエールウォッチングのツアーを探してみると那覇発がたくさん出てくると思います。

那覇発の場合は、クジラとの遭遇ポイントは慶良間諸島になります。

慶良間諸島の海はとても美しくて有名で、一度は行ってほしいエリアです。

那覇発の魅力は、慶良間諸島まですぐに行けるのでツアーの所要時間は3~4時間

午前便と午後便を選択できるツアーがたくさんあります。

そして、那覇市内のホテルに宿泊予定の方は、那覇市内の各ホテルから、高速船に乗る泊港まで送迎があるのがありがたいですよね。

那覇市内から泊港までもそれほど遠くないので、好アクセスで人気のプランです。

沖縄のホエールウォッチングは北部発も人気あり!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

澁谷 哲平(@shibuya.teppei)がシェアした投稿


沖縄でホエールウォッチングするには北部発も設定があります。

北部エリアといえば、美ら海水族館。

北部発も午前便と午後便が選択できますので、ホエールウォッチングの後で、美ら海水族館へ行くとか一日を無駄にしたくない方にはおすすめです。

そして、宿泊先は北部エリアのホテルで、ホエールウォッチングをしたいと考えている方にもおすすめですよ。

ちなみに、北部発の場合は、ホテル=港間の送迎はなく港までは各自で集合しないといけませんので、レンタカーが必須になります。

沖縄のホエールウォッチングはクジラの遭遇率が高い! -まとめ-

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

沖縄アイランドクルー(@okinawa_island_crew)がシェアした投稿


沖縄のホエールウォッチングのベストシーズンは1月~3月で、特にクジラの遭遇率が高い時期です。

北海道や高知などの他県よりクジラの遭遇率が高いのは、漁業組合やツアー催行会社同士の連携が密になっているからです。

また、小回りの利く高速船でポイントまで移動するので、クジラのいるポイントがわかるとすぐに移動してクジラに遭遇できるわけです。

沖縄のホエールウォッチングツアーは、那覇発か北部発がほとんどで、どちらも人気がありますので、ツアーを予定する前日の宿泊先の場所で決めるといいでしょう。

那覇発は那覇市内のホテルと港間の送迎がついているので、レンタカーのない人にもおすすめです。

ホエールウォッチングは、冬にしかできないアクティビティで、ベストシーズンは沖縄旅行のオフシーズンでもあるんです。

夏に比べると、観光客が少ないので、ゆったり楽しめるのが魅力。

是非、沖縄のホエールウォッチングを一度体験してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました