スポンサーリンク

財布の使い始めにいい日と時間を守ってお金が貯まる?!すること7選!

生活

財布を新しくしたいなーと思って気に入った財布を購入しました。


財布
といえば金運が上がる色や使い始めるのにいい日があると聞きます。

金運が上がるなら財布の色や使い始めには是非実践したいところ。

この記事では、財布の使い始めにいい日や時間について、気にしない人も多いことや、することをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


財布の使い始めにいい日はいつ?

 

 

財布を買う時には色を気にかけがちですが、使い始めにいい日も気にしたいところですね。

財布を新しく使い始めるのにいい日はいつなのかご紹介します。

財布の使い始めにいい日:寅の日

寅は黄金色で縞模様が入っている姿から金運の象徴とされています。

また、寅の日に財布を買うと出て行ったお金を呼び戻してくれるともいいます。

ただし、寅の日は「戻る」という意味も含むので、婚礼や葬儀には向いていません

【2021年1月~3月の寅の日】

1月6、18(不成就日)、30
2月11(不成就日)、23
3月7、9、31

 

財布の使い始めにいい日:巳の日

 

巳とは蛇のことで、蛇は芸術や財運をつかさどる「弁財天」という神様の使いで、金運や財運アップの象徴です。

巳の日は一番金運に近い日なので、財布を買い替える日としても参考にしたいですね。

【2021年1月~3月の巳の日】
1月9
2月2、14、26
3月10(不成就日)

【2021年1月~3月の巳巳の日】
1月21
2月なし
3月22(不成就日)

 

財布の使い始めにいい日:天赦日

天赦日とは、天が全てを赦す(ゆるす)日であり、最上の大吉日と言われています。

さらに、天赦日は不成就日以外の悪い日を打ち消してくれるので、仏滅など被ってしまっても大丈夫です。

【2021年1月~3月の天赦日】
1月16
2月なし
3月31

 

財布の使い始めにいい日:一粒万倍日

一粒万倍日とは、一粒の籾が万倍のも実る稲穂に成長することから、一粒万倍日に始めたことが万倍になって返ってくるといわれる吉日です。

財布を使い始めるにも一粒万倍日は最適です。

ただし、万倍になってかえってくるので、散財や借金などは避けるようにしてくださいね。

【2021年1月~3月の一粒万倍日】
1月3、4(不成就日)、7、16、19、28、31
2月3(不成就日)、10、15、22(不成就日)、27
3月7、14(不成就日)、19、26、31

 

財布の使い始めにいい日:吉日が重なる日

 

ここまで、吉日についてご紹介しましたが、寅の日・巳の日、天赦日、一粒万倍日が重なる日がありますよね。

そんな日は特にいい日とされていますので、財布の使い始めにいい日とされています。

【2021年1月~3月の吉日が重なる日】

1月16(天赦日+一粒万倍日)
1月30(大安+寅の日)
2月11(大安+寅の日)
2月22日(大安+一粒万倍日)
3月7(一粒万倍日+寅の日)
3月22(大安+巳巳の日・・・不成就日)
3月31(天赦日+一粒万倍日+寅の日)

 

3月31日は特に3つの吉日がかさなる良い日ですね!

私は1月16日に財布を使い始めようと思っていますー♪

財布の使い始めに避けた方がいい日:不成就日

不成就日とは、何事を始めるにも向いていない日です。

寅の日や天赦日などのいい日であっても不成就日であれば良い効果がなくなると言われていますので気を付けましょう。

 

 

財布を使い始める日だけでなく時間もある!

財布を使い始めるのにいい日は思ってたよりも結構日にちがありましたね。

さらに、金運を良くしたい!という欲張りなひとには嬉しい情報が!

実は、財布の使い始めには日だけでなく適した時間があるのです。

それは、15時~17時と17時~19時 とされています。

財布を使い始める時間がなぜ上記の時間なのかというと、「陰陽五行説」が関係しています。

陰陽五行説といえば中国の自然哲学の思想で、時間の縁起を担ぐのに欠かせません。

陰陽五行説は、木・火・土・金・水の5つがあり、お金に関係するのは五行の中でもちろん「金」。

「金」に該当する時間が財布を使い始める時間なのです。

金にあたる時間が申の刻(15時~17時)と酉の刻(17時~19時)です。

反対に、財布を使い始める時間に適さないのは「火」の時間で、巳の刻(9時~11時)と午の刻(11時~13時)ですので参考にどうぞ・・・。



スポンサーリンク

財布の使い始めなんて気にしない人も多い!

 

風水に凝っている人は財布の使い始めなんかも気にしますが、財布の使い始めに良い日なんて気にしない人も多いようです。

財布の使い始めなんて気にしない人の意見としては、

財布は買ったらすぐに使いたい!

確かにそうですよね~。私もそう思います。

でも、なんとなく財布の使い始めにいい日が気になったので実践してみますが・・・。

財布の使い始めをいい日にしたからといって必ずお金が増えるかは確かではないですし、気持ち的なものが大部分を占めますね。

財布を使い始めてから不成就日を知ってしまうのもなんとなーく嫌なので、せめて不成就日は避けたいところ・・・とまだ気にしています。

財布の使い始めにすること7選!

 

財布を使い始めるにあたってすることは日にちや時間を気にしたり、財布の色も気にしますね。

でも、金運アップするための財布の使い始めにすることがまだまだあるんですねー。

財布の使い始めにすることをご紹介しておきます。

  1. お金を清めて金庫財布に入れ一晩寝かせる
  2. 新しい財布を満月の光にかざす(財布を空にして中まで光をかざす)
  3. 財布を買ったら神社に参拝する
  4. 財布には現金を多めに入れる(10万円ぐらい、お金を多めにいれておくと大切にするのでお金も留まっていたくなる?!)
  5. 財布の中でお札の絵の頭を上にして入れる
  6. レシートや領収書をいれっぱなしにしない
  7. 財布はバッグに入れて持ち歩く(財布を裸で持ち歩くのは良くない)

ちなみに、満月の日は1年で10回ほどしかないので貴重といえば貴重ですね。

友達で満月に向かってお財布をフリフリした話、聞いたことがあります。

総合すると、財布を大切にキレイに扱うことで金運が上がるということでしょうか!

財布の使い始めにいい日から気分が変わる?!-まとめ-

財布を買ったらすぐに使いたい気持ちもありますが、使い始めにいい日から使うのも気分が変わっていいかもしれません。

財布の使い始めにいい日を守らなくても不都合はありませんし、財布の使い始めを気にしない人も多いですしねー。

財布の使い始めにいい日を参考にしたい方は、

寅の日・巳の日・天赦日・一粒万倍日を選んで使い始めてみましょう。

ただし、それぞれの吉日には不成就日があるので避けるべき日であります。

また、財布を大切に扱うことでお金に対しても大事にする気持ちが芽生えますので、これからはちょっと気にかけたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました