スポンサーリンク

主治医が見つかる診療所で紹介された発酵食品は?体にいい理由5つ!

テレビ番組

2020年10月15日(木)19時53分から放送の主治医が見つかる診療所で紹介される発酵食品。

発酵食品は体にいいということはわかりますが、体にどんな働きをするのでしょうか!

特に、発酵食品は腸内環境を整えるといわれていますのでしっかり押さえておきたいですね。

この記事は、主治医が見つかる診療所で紹介された発酵食品や、体に良いと言われる理由、食べ過ぎるとどうなるのかなどご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


主治医が見つかる診療所で紹介される発酵食品は?

主治医が見つかる診療所で紹介される発酵食品は最近ブームで100種類の発酵食品を扱う専門店ができたりしています。

発酵食品で代表的なものは、納豆・ヨーグルト・キムチです!

割と身近な食材なので、毎日食べている人も多いのでは。

主治医が見つかる診療所では、納豆・ヨーグルト・キムチの正しい選び方と食べ方を紹介しています。

納豆

納豆といえば納豆菌が体にいい影響をもたらします。

納豆菌は胃酸に強く、生きたまま腸まで届くことで、免疫機能を強化することができるといわれています。

納豆菌を効果的に体に取り入れるには、納豆菌を多く含むひきわり納豆を選ぶことと、朝よりも夜に食べるのがおすすめです。

なぜかというと、納豆に含まれるナットウキナーゼが血液サラサラを持続してくれますが、夜に脳梗塞や脳卒中などが起きやすいので予防になるとのことです。

また、納豆を食べる時の調味料はビタミンKの吸収をよくするごま油が◎。

よく組み合わせる卵はビオチンの吸収を妨げるので、あまりよくないそうですが、白身を外して納豆と黄身の組み合わせであればOK!

ヨーグルト

私も毎朝ヨーグルトを食べていますが、今まで以上に発酵パワーをアップできる方法があったら試したい!

そして、ヨーグルトを食べる時のトッピングとして発酵パワーをアップしてくれる食材というのが、なんと

ナタデココなんですー。

ナタデココってそもそも何者?と思っていましたが、ココナッツミルクにナタ菌を加えて発酵させたもので、ナタデココ自体が発酵食品だったのです・・・。

と、いうことはヨーグルトとナタデココが合わさると発酵パワーがアップするのは間違いないですね!

ナタデココは食物繊維が豊富で整腸作用があるので、腸内環境もバッチリ良くなります♪

 

ちなみに、ヨーグルトの意外な使い方として、

乾物を水ではなくヨーグルトで戻す

という方法が紹介されました。

乾物とは切干大根や干ししいたけ、わかめなどありますが、水の代わりにヨーグルトを乾物が隠れる程度入れて

8時間ほど戻すと食材の栄養成分がアップするんですよ。

番組では、高野豆腐をヨーグルトで戻したものにタンドリーチキン風の味付けをして紹介されていました。

味が気になる~。

キムチ

キムチといえば発酵しているものだと思っていましたが、実際は発酵させていなくて味付けを発酵した感じにしている商品があるそうです。

発酵パワーを体に取り入れるなら、発酵キムチを買うことが必須です。

 

では、どのようにして発酵キムチを見分けるか、ですが商品ラベルをチェックする、とのことです。

キムチの商品ラベルに「韓国のキムチくんマーク」がついたものか、原材料欄に「乳酸菌」「乳酸菌発酵液」と記載しているものを選ぶようにしましょう。

また、キムチのトッピングは海苔がおすすめ。

海苔には水溶性食物繊維が多く含まれていて、キムチの乳酸菌のエサとなり活性化することで発酵パワーがアップします。

韓国料理に海苔が時々登場しますが、理にかなったものだったんですね!

発酵食品が体にいい理由5つ!

発酵食品が体にいいとはわかっていても詳しくはわからない人も多いかと思います。

発酵食品が体にいいと言われる理由をご紹介します。

栄養価を上げる効果がある

微生物が発酵している過程で、栄養成分を多量に生産してくれます。

例えば、納豆に含まれるビタミンkは納豆菌の働きで大豆の120倍にもなります!

腸内環境を整えてくれる

よく耳にする善玉菌が発酵食品にはありますので、発酵食品から直接摂取できるということです。

最近、腸活なども流行していますから、とてもよいですね!

免疫力を向上させる

免疫力が低くなると、がんやインフルエンザなどいろんな病気にかかりやすくなるリスクが高くなります。

免疫力を高めるために、腸の状態をよくすることがポイントに。

血液をサラサラにしてくれる

発酵食品には、血管壁に付着した悪玉コレステロールを除去する力があります。

消化吸収をよくしてくれる

毬や酵母、細菌など微生物の働きによって原料の成分の栄養素が分解されているので、とても消化吸収が良い状態になっています。

良いことづくめですね!
しかも生きる上で結構大切な力を与えてくれます。

腸がよくなれば全身よくなるともいわれていますし、免疫力がUPすればそもそも健康体で
いられる!

発酵食品の働きに期待大です!



スポンサーリンク

発酵食品には何がある?

実は、身近な発酵食品の代表格である味噌が、腸内環境を整える以外にも幅広い働きがあると注目されています。

味噌はガンの抑制生活習慣病の予防だけでなく、放射能を除去する効果があると言われているんです。

しかも、家の冷蔵庫に常備している手軽な調味料となれば、使わないテはない!

味噌の中でも特に八丁味噌は、他の種類の味噌に比べても熟成期間が長いだけあって、栄養素が豊富です。

また、味噌はそのまま食べるのは難しいですが味噌汁でいただくのがおすすめです。

腸内環境をさらに整える、という点では味噌汁にキノコ類や野菜類をたっぷり入れると食物繊維をたくさん摂れていいですよね。

発酵食品は食べ過ぎるとどうなる?

発酵食品は体にいいからといってたくさん食べても、食べ過ぎには要注意です!

発酵食品を食べ過ぎると、塩分の過剰摂取になり、高血圧や腎機能低下に繋がります。

確かに発酵食品によっては、いかにもしょっぱいというものが結構ありますね。

発酵食品は塩分やうまみの強いものが多いので、ついつい食べ過ぎないように気を付けましょう!

発酵食品の食べ過ぎ防止策として、

小皿に取り分けて食べる

調味料は計量して使う

といった方法がありますよ。

主治医が見つかる診療所で紹介された発酵食品で健康に! -まとめ-

発酵食品は腸内環境を整えるということは良く知られています。

飲む点滴などといわれる甘酒も手軽に摂取できる発酵食品とコンビニなどで売られています。

主治医が見つかる診療所で発酵食品にさらに詳しくなり、みんなで健康活動していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました