スポンサーリンク

新幹線チケット購入で当日の方法は簡単!座席のおすすめで一人の場合は?

生活

急な出張や突然実家に帰らないといけなくなった!

など、急に新幹線に乗らなければいけないことがありますよね。

いつもは事前に新幹線のチケットを予約しておくから、新幹線のチケット購入方法が当日の場合わからない、なんてことも。

この記事では、新幹線のチケット購入方法で当日の場合や、乗り方、座席のおすすめで1人の場合などご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


新幹線のチケット購入 当日の方法!

新幹線のチケット購入方法は当日でも窓口か自動券売機が使えます。

窓口、自動券売機にはそれぞれメリット・デメリットがあるので状況によりご利用くださいね。

新幹線のチケットを自動券売機で購入する方法

新幹線のチケットは当日でも自動券売機で購入することができます。

すごく便利で簡単に新幹線のチケットを購入できるので私もよく利用していましたよ。

自動券売機で新幹線のチケットを購入する方法は

指定席か自由席を選択する

乗車駅と降車駅、乗車する日時を指定する

支払いは現金かクレジットカード

たったこれだけです!

そして、指定席に関しては空席状況によっては窓側・通路側など好きな座席を選択できます。

自由席であれば発車直前でも購入できますので、時間のない人にはとにかくおすすめの方法です。

自動券売機で新幹線のチケットを購入する方法のメリットは、

多くの駅に設置されているので、最寄りのJR駅でも購入できる

駅の営業時間内ならいつでも購入できる

窓口に並ばずに済む

駅に数台設置されているので長い間並ぶこともあまりない

自動券売機はメリットが多いですが、わからないことがあっても駅員さんにすぐ聞けない、というのがデメリットでしょうか。

新幹線に乗るのが初めてで右も左もわからないような初心者さんにはちょっとハードルが高いのかもしれません。

窓口で新幹線のチケットを購入する方法

新幹線に乗りなれていない人は窓口で新幹線のチケットを買う方が安心ですね。

窓口とは、みどりの窓口のことを指します。

新幹線のチケット購入を窓口にすれば、スタッフが必要な情報を聞いてくるので答えるだけ

必要な情報は、乗車日時、乗車駅・降車駅、指定席か自由席か、指定席なら窓側か通路側か

また、みどりの窓口のカウンターには記入用紙が置いてあるので、記入して持っていくとスムーズですね。

窓口でも支払いは現金かクレジットカードです。

繁忙期は空席が少なくて、自動券売機だと空席をみつけるのに時間がかかることがありますが、

窓口であれば一度に複数の新幹線の空席を見てくれるので楽というメリットがあります。

そして、わからないことはすぐに質問できるのも窓口ならでは。

ちなみに、東京駅や新大阪駅、博多駅といった主要駅のみどりの窓口の営業時間は5:30~23:00(新大阪駅は23:30まで)

東京駅の新幹線北乗換口と南乗換口の窓口は当日発売分のみです。

新幹線の座席のおすすめ 一人の場合

新幹線に乗る前に悩むのが座席はどこがいいのか、ということ。

特に、新幹線の座席は1人で乗る時が一番悩ましいですね。

また、新幹線によく乗る人だと、人によってそれぞれ座席のおすすめがあるかもしれませんねー。

ちなみに、私の場合の新幹線の座席のおすすめ1人の場合は、空いてそうなら窓側、混雑する時期や時間なら通路側です。

新幹線の座席を選ぶにあたって悩むのは、

  • 窓側か通路側か
  • 車両の最前列か最後列かそれ以外

ということです。

窓側か通路側

窓側は車窓の景色が良く見えるというのが最大のメリットではないでしょうか!

コンセントを使えるのも窓側の特権ですね。

一方、隣の通路側に人が座っている場合はトイレなどで席を立ちたい、車内販売で何かを買いたい時などは通路側に気を使いますよね。

また、通路側だとトイレや電話がかかってきて席を立ちたいときは窓側に人が座っていても気兼ねなく席を立てますが、景色は良く見えなかったりします。

それに、通路を歩く人が気になったりも・・・。

ということで、ぐっすり寝たい、仕事がしたい、読書やスマホをいじりたいなど到着まで席を立つ予定がなければ窓側、トイレが近いなどじっとできない人は通路側がおすすめです。

車両の最前列か最後列かそれ以外

目的地に到着してすぐに降りたいひとは断然、新幹線の車両の最前列か最後列ですね。

ただし、割と人気のある場所だけに空いていない可能性が高いです。

新幹線の車両の場所によってのポイントをご紹介します。

最前列・・・テーブルは大き目だけど、足元はそれほど広くない。出入口に最も近いので扉の開け閉めが気になったり、冬は寒い。

最後列・・・背もたれを気兼ねなく倒せる、後ろのスペースが広いが、今は事前予約の荷物置きスペースとなっている。

最前列と最後列以外・・・特に目立ったメリットはないけど、ドアの開け閉めが気になったり、到着しても急がない人は比較的ゆっくりできるスペース。

上記のポイントをまとめると、一番メリットがありそうなのは最後列ですね。

個人的には最前列や最後列など特にこだわりはないから、私は真ん中のスペースでもいいかな。



スポンサーリンク

新幹線の乗り方が初めてでわからない!

新幹線にあまり乗らない人にしてみると、新幹線は特別な乗り物と感じる人も多いそう。

新幹線の乗り方は特別難しいわけではないですが初めての方でもわかるようにポイントをご紹介します。

新幹線のチケットを購入

新幹線のチケットは自動券売機かみどりの窓口で購入する方法はご紹介しました。

事前に予約しておきたいひとはネットで予約しておいて当日に発券という方法もあります。

新幹線の改札口を通る

新幹線の乗り場やホームは在来線とは別になりますので、改札口も別になります。

新幹線の改札では乗車券と特急券を通す必要があります。

現在の新幹線のチケットは乗車券と特急券が一緒になっていて1枚ですが、在来線も利用する場合は乗車券と特急券が別になっていて2枚になっています。

新幹線の改札では1枚もしくは2枚の切符を通してくださいね。

新幹線に乗る

指定のホームで、指定席の場合は何号車かをチケットで確認して該当する号車あたりで待ちましょう。

自由席の場合は、自由席の車両であればどこに乗ってもいいですよ。

指定席の人は新幹線のチケットに記載してある座席番号を探して座りましょう。

座席番号は窓側の上部に記載されています。

新幹線のチケットの購入で当日以外の方法!

新幹線のチケット購入するのに時間的な余裕がある人は利用する前日までに購入しておくと安心です。

新幹線のチケットを購入する方法で当日以外の場合もご紹介します。

旅行会社

新幹線のチケットは主な旅行会社でも購入することができます。

主な旅行会社はJTBや近畿日本ツーリスト、日本旅行や阪急交通社などの大手旅行会社、京王観光、名鉄観光、読売旅行などです。

また、JR系の旅行会社でびゅうぷらざやJR東海ツアーズなどでも新幹線のチケットを購入できます。

お近くの旅行会社でも新幹線のチケットを購入できることが多いですが、JR券の端末を設置していない旅行会社では購入できません。

また、大手旅行会社のHISでは新幹線のチケットは購入できません。

ちなみに、旅行会社での新幹線チケットの購入方法はみどりの窓口と同じです。

インターネット

JRではインターネットからも新幹線のチケット予約と購入ができます。

ただし、サービスを利用するためには会員登録が必須で、支払いはクレジットカードのみです

JR東日本・北海道 えきねっと
JR東海 エクスプレス予約
JR東海、JR西日本 スマートEX
JR西日本・JR四国 e5489
JR九州 インターネット予約

金券ショップ

新幹線のチケットは金券ショップだとわずかですが安くかうことができます。

ただし、回数券などをバラ売りしていることが多いので、使用できない期間があったり何かしらの制限がある場合があります。

新幹線も電車。気楽に乗車! -まとめ-

新幹線は乗り慣れない人からすると特別な乗り物のイメージがありますが、普通の電車と変わりませんよ。

必ずしも新幹線のチケットを予約しなければいけないわけではありませんし、当日に新幹線のチケットを購入しても問題なく乗車できます。

そして、新幹線の乗り方も初めてでも簡単!

新幹線のチケット購入方法は当日であれば、自動券売機が一番手軽でおすすめですが、初心者の方は不安があるかもしれませんので窓口でもスムーズに購入できますよ。

また、新幹線の座席のおすすめは1人の時はどこがいいのか悩みがち。

そんな時は、到着までじっとでいるなら断然窓側がおすすめですし、途中で席を立ちたいひとは通路側にしておくといいでしょう。

初めて新幹線であればちょっとドキドキするかもしれませんが、いつもの電車のように気軽に。

楽しい新幹線の旅を送れますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました