スポンサーリンク

七五三のお参りは時期が外れると良くない?12月でも大丈夫?

イベント

七五三とは、子供の成長をお祝いして、子供が3歳・5歳・7歳を迎えたらそれぞれ神社にお参りに行くのが慣例となっています。

11月15日前後は神社が大変混雑するので、最近は時期をずらしてお参りに行く家庭も多くなりました。

神社でご祈祷を受けたいけど、七五三の時期に休みをとるのが難しい・・・七五三のご祈祷って時期外れでも問題ないの?

と思う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、七五三のお参りは時期外れでも問題ないかどうかや七五三に六曜や喪中は関係あるのか、

また、時期外れの七五三のお参りについての注意点をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


七五三のお参りは時期外れでも問題なし

正式な七五三の日は11月15日です。

本来なら、11月15日にお参りするものですが、平日だったら休みをとるのもなかなか難しいですよね。

一般的には、七五三は11月15日から前後2週間の10月下旬から11月下旬頃の土日祝にお参りするそうです。

そうなると、お参りできる日数が限られてくるので、混雑することもあるでしょう。

できれば、混雑を避けたい。

でも、周りの人たちは11月にご祈祷を受けているのに、うちだけお参りの時期がズレてしまった・・と心配になるかもしれません。

ですが、神社の方の見解は、七五三シーズンを過ぎてしまってもご祈祷を受けることに問題はない、とのことです。

七五三のご祈祷は一年中受けられるんです。

結論としては、ご祈祷またはお参りをシーズンよりも早くしても、遅れてしても問題ないということです。

七五三のお参りは、12月など時期外れでも問題ないんですね。

七五三のお参りを遅れてする

七五三のお参りでは、祈願者には千歳飴が渡されます

千歳飴は、季節ものの撒下品になるので12月や1月までに無くなってしまう可能性があります。

ですので、時期外れのお参りだと千歳飴がもらえない場合があります。

どうしても欲しい人は事前にお参り予定の神社に問合せるといいでしょう。

また、突然神社に行ってご祈祷をお願いするよりも、事前にご祈祷が可能か確認しておくようにしましょう。

日によっては宮司さんが不在でご祈祷を受けられない場合もあります。

七五三のお参りを早くする

七五三のお参りを早めの9月にする場合は、気候に気を付けましょう。

9月といっても真夏のように暑い日もあります。

子供に晴れ着を着せても、着慣れないせいもあって、「早く脱ぎたい」と泣き出すことも。

せっかく綺麗に着付けした着物姿が、記念写真に残すことを躊躇するほど、着崩れてしまう
可能性もありますよね。

着物だと厚着になるので、暑さで熱中症になる可能性もあるし、心配です。

これらの事を踏まえて、早い時期にお参りする場合は動きやすくて着物よりは涼しい洋装を検討した方がいいのでは。

ただし、孫のかわいい晴れ姿を楽しみにしているおじいちゃん、おばあちゃんもいるでしょうから、

お参りは洋装、記念写真は着物、という形をとると喜ばれるのではないでしょうか。

七五三に六曜は関係する?

基本的に七五三と六曜は、あまり関係ありませんので、大安の日を選ぶ必要はありません。

もし、仏滅や赤口しか都合が合わないなら、その日でもかまわないのです。

でも、どうしても気になる場合は、大安の日を選んでも良いと思いますが、実は、六曜の中でも吉とされる時間帯があるんです。

ですので、大安の日にお参りできない時は、お参りの時間を調整してみるのはどうでしょうか?

例えば、赤口は、午前11時から午後1時先負は、午後1時以降なら吉日と言われています。

仏滅も神社の神様には関係ないので、気にせずお参りしても大丈夫です。



スポンサーリンク

忌中の場合はお参りを避けた方が良い

七五三の前に身内の不幸があった場合、七五三のお参りを止めた方がいいのか気になりますよね。

一般的に、喪中(亡くなってから1年)でも七五三のお参りはしても良いようです。

ただし、忌中(亡くなってから50日以内)は不幸があって間もない時期なので、お祝い事は控えて、神社の鳥居はくぐってはいけない、と言われています。

もし、忌中に七五三が重なってしまった場合は、写真撮影だけにしたり、お参りの時期をずらすなどした方がいいでしょう。

時期外れのお参りの注意点

時期外れにお参りする場合は、神社にお参りする日と時間が決まったら、なるべく早めに神社へご祈祷してもらえるか事前に確認しましょう。

神社によっては宮司さんが地鎮祭などで不在の場合や、神社で結婚式などが行われる場合もあり、ご祈祷ができないこともあります。

そして、お参りの際に必要なのは、祈祷料で、金額の目安は5,000円~10,000円です。

神社によって金額が決まっている場合があるので、問合せてみてください。

祈祷料を入れるのし袋は紅白の蝶結びで、表書きは「初穂料(はつほりょう)」または、「玉串料(たまぐしりょう)」と書きます。

そして、ご祈祷を受ける子供の名前をフルネームで書きます。

兄弟で祈祷してもらう場合は、連名で構いません。

その場合の祈祷料は、単純に倍になるとは限らないので確認するようにしましょう。

七五三のお参りは時期外れでも大丈夫!ーまとめー

近年では、共働き夫婦も増えていますし、様々な事情から七五三の日取りが決めにくい事も多いようです。

一般的な七五三シーズンは混雑しますので、混雑を避けたい人は、シーズン中の平日にお参りできるといいですね。

または、10月下旬から11月下旬の期間を避けた、各神社の「七五三詣」期間も狙い目です。

神社により様々ですが、8月~12月まで期間を設けている神社もあります。お参りに行く神社の日程を確認してみましょう。

それに、一年を通してご祈祷を受け付けてくれる神社もあります。

大安・仏滅などの六曜も気にすることはないので、都合が良い時に家族そろってお祝いできるのが一番ですよね。

ただし、親戚の方々からも心からお祝いしてもらえるように、忌中や喪中を避けるなどの配慮が必要になる場合もあります。

子供の成長を祝う七五三は、節目の行事でもあるので、家族みんなで楽しく過ごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました