スポンサーリンク

三陸花火大会の会場は陸前高田市で開催!アクセスや日程は?

イベント

三陸花火大会は2021年から毎年開催予定の「三陸花火競技大会」のプレイベントとして2020年10月に開催することが決定しました。

2020年は新型コロナウイルスの影響で密になることを避けなければいけない状況下でどのように花火大会が開催されるのか気になるところ。

この記事では、三陸花火大会の会場やアクセス、日程などについてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


三陸花火大会の会場は陸前高田市で開催!

三陸花火大会は2020年に初めて開催される花火大会です。

三陸地方の団体・個人が中心となって、「三陸花火競技大会実行委員会」を発足し、2021年から「三陸花火競技大会」の毎年開催を目指しています。

三陸花火大会はそんな「三陸花火競技大会」のプレイベントとして開されます。

 

そして、三陸花火大会の会場は岩手県陸前高田市の高田松原運動公園で行われます。

三陸花火大会では世界中でコロナウイルスが猛威をふるう中、

悪疫退散
無病息災
五穀豊穣

といった世界平和を願って花火が打ち上げられる花火の数は約10,000発の予定で、

花火の打ち上げ数でいうと、なかなか大きな規模の花火大会といえますが、気になるのはコロナ対策。

三陸花火大会ではマルチアングルLIVE配信を活用して、新しい生活様式の時代に対応。

遠方から無理に花火大会会場に足を運ばなくても楽しめるようにライブ配信を行うとのことです。

三陸花火大会の会場へのアクセス方法は?

三陸花火大会の会場は岩手県の陸前高田市にある高田松原運動公園。

高田松原運動公園の中の「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」を三陸花火大会では使用します。

東日本大震災で津波被害を受けた沿岸部にあった高田松原公園は整備・改修などを経て2020年6月から利用が開始されたところ。

高田松原公園は、高田松原津波復興祈念公園内にあって国道45号の北側にあります。

三陸花火大会の会場へのアクセス方法としては車か電車がありますのご紹介しますね。

三陸花火大会会場へ車でのアクセス

  • 東北道盛岡ICより国道46・396・283・107・340経由で約2時間
  • 釜石道宮守ICより国道283・107・340経由で約50分
  • 東北道一関ICより県道19号、国道343・340経由で約1時間15分

三陸花火大会会場へ公共交通期間でのアクセス

一関から:
JR一ノ関駅よりJR大船渡線でJR気仙沼駅まで約1時間20分→

JR気仙沼駅からJR大船渡線BRTで奇跡の一本松駅まで約30分

花巻空港から:
JR花巻空港よりJR東北本線一ノ関行きでJR一ノ関駅まで約1時間→

JR一ノ関駅よりJR大船渡線気仙沼行きでJR気仙沼駅まで約1時間20分→

JR気仙沼駅よりJR大船渡線BRTで奇跡の一本松駅まで約30分

 

駐車場のことも考えると車でのアクセスよりも公共交通機関の方が煩わしくないですが、なかなかの所要時間ですね。

三陸花火大会会場へのアクセスは車の方が多くなりそうです。



スポンサーリンク

三陸花火大会の日程など詳細情報!

三陸花火大会

  • 開催日:2020年10月31日(土)※雨天順延11月1日
  • 会場:岩手県陸前高田市・高田松原運動公園内「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」
  • 打ち上げ時間:19時~20時
  • 打ち上げ数:約10,000発予定
  • 定員20,000人

三陸花火大会では花火打ち上げ前にアーティストのライブなどを予定し、有料観客席や飲食ブース、自治体PRブース、協賛社ブースなど来場者が楽しめる企画を予定しています。

また、コロナウイルス対策にも配慮して、ソーシャルディスタンスが取れる有料観覧席を用意する他、車に乗ったまま花火や食事を楽しめるエリアがあるのは画期的ですね!

そして、映像のライブ配信などを活用して自宅や外出先など花火会場にいなくても花火などを楽しめるイベントも企画しています。

<三陸花火大会の詳細が続々決定中!>

コロナウイルス感染拡大対策としてソーシャルディスタンスを確保するために、無料観覧エリア及び無料駐車場は設けられていません。

必ず事前に観覧チケットを購入しないと観覧できませんのでご注意ください。

(車で来場する方は駐車場チケットも購入)

>>チケットの購入はクラウドファンディングから、一般席は9月中旬販売予定です

家でも会場でも車中でも世界中のみんなを10000発の花火でワクワクさせたい!
高画質マルチアングルLIVE配信の花火大会を開催。ドローンや定点カメラの映像を自分の好きなアングルに切り替えられる新しい花火大会の楽しみ方に挑戦し、2021年に東日本太平洋沿岸で唯一の花火競技大会の開催に先駆けた10000発以上の打ち上げを行う「三陸花火大会」を通じて花火で世界中の人を笑顔にしたい!

 

高画質マルチアングルLIVE配信

高品質マルチアングルLIVE配信とは、5G時代の最新デジタル技術を駆使して行なわれ、打ち上がる花火の中を走り抜けるドローンからの映像や花火師目線で見上げる花火の映像等がリアルタイム配信されるんです。

しかもLIVE配信だから、身体的事情や遠方に住んでいる人も観覧できるし、好きなアングルに切り替えて楽しむことができる画期的な花火の観覧方法です。

花火打上げ前のパフォーマンス演出

花火の打上げ前には有名アーティストのコンサートや三陸地域の郷土芸能団体によるパフォーマンスが開催されますので早めにお出かけするのがおすすめです。

また、郷土芸能もLIVE配信をするので、日本以外の世界中の人も日本の郷土芸能文化に触れることができますねー。

(出演アーティストについては調整中。わかり次第追記します。)

さんりくフードビレッジ

さんりくフードビレッジとは、地元飲食店による三陸ならではの食べ物やドリンク、旬の食材をふんだんに活かしたメニューを楽しむことができます。

三陸花火大会が開催される秋は、サンマ・カキ・アワビ・秋サケなどの海産物、リンゴ・米・しいたけなどの農産物など旬の食材が豊富。

そして、三陸地方の「牡蠣」は、通常見る牡蠣に比べて大きくて濃厚で是非食べてほしい一品!

もちろん三陸地方の牡蠣が登場する予定です♪

DRIVE in HANABI Theater

車の中で花火鑑賞なんで、初めての試みですね!

また、花火中継の生配信をスクリーンで観ながら実物を花火鑑賞ができるという、どんな感じか楽しみです。

また、車の中での花火鑑賞なのでコロナウィルスの感染リスクも軽減できるし、くつろげるのも魅力的。

三陸花火大会はコロナウイルス対策にも配慮! -まとめ-

三陸花火大会は2021年から開催予定の三陸花火競技大会のプレイベントとして2020年のみ開催される花火大会です。

新型コロナウイルスの影響で花火大会が軒並み中止になっている中、開催される花火大会ということで今後注目度が高くなるでしょうね。

三陸花火大会は今までの花火大会と違って、新しい生活様式を取り入れた方法で運営される予定です。

ソーシャルディスタンスを図った有料観覧席や、車の中で花火や食事を楽しめるエリア、花火大会会場近くにいなくても花火鑑賞ができるライブ配信など、

花火大会の楽しみ方が変わっていきますね。

また、三陸は2019年はラグビーW杯で、2021年はNHK連続テレビ小説の舞台として、注目が集まるエリアで三陸のファンを増やすべく三陸花火大会がそのきっかけ作りとなるイベントです。

そして、三陸花火大会の開催日が10月31日ということでハロウィンの日なんですよね、これから何か面白い企画やイベントなどがあるかもしれませんので、

今後の発表を楽しみに待ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました