スポンサーリンク

落ちない葉っぱの配布期間や配布場所は?確実にもらう方法!

イベント

受験生がいるご家庭では「落ちる」という言葉に敏感になりがち・・・。

毎年落ちない葉っぱというのが話題に。

冬になって枯れても落ちない葉っぱを合格お守り代わりにプレゼントすると喜ばれますよね。

この記事では、落ちない葉っぱの配布期間や配布場所、整理券はあるのかや確実にもらう方法などご紹介します。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


落ちない葉っぱの配布期間や配布場所は?

落ちない葉っぱは合格祈願としてお守り代わりにプレゼントするのに人気。

落ちない葉っぱの配布期間は2022年1月7日(金)9時~なくなり次第終了

配布場所は広島県三原市中央公民館1階の大講堂です。

落ちない葉っぱの配布枚数は400枚ですが、2021年は配布開始してすぐになくなったそうですよ。

また、落ちない葉っぱの取り置きや郵送はしておらず、先着順でのみ受け取れます。

ちなみに受け取りについては受験者1人につき1枚まで、受け取り者1人につき5枚までもらえます。

落ちない葉っぱの受け取り時には受験者と受け取り者の名前の記入が必要となります。

そして、万が一落ちない葉っぱの400枚が余った場合は、市役所本庁舎3階生活環境課で引き続き配布される予定です。

落ちない葉っぱをもらうのに整理券はある?

広島県三原市にて配布される落ちない葉っぱですが、例年配布開始すぐになくなってしまうそうです。

コロナ禍でもあるし、並ぶのに抵抗がある人もいるかもしれません。

落ちない葉っぱをもらうのに整理券があるのかどうかですが、2022年1月2日時点では整理券を配布する情報はありませんでした。

配布してもすぐになくなってしまうとのことですので、整理券を配るまでもないかもしれませんね。



スポンサーリンク

落ちない葉っぱを確実にもらう方法!

落ちない葉っぱを無料でもらえるので、できれば確実にもらいたいですよね。

1月7日の配布では早めに行って並ぶしか方法がなさそうですが・・・。

2021年の落ちない葉っぱの配布は300枚用意したところ、午前中には配布終了したので2022年は100枚増やしたとのこと。

午後でも大丈夫だろう~って余裕で行くとなかった、ってことになりますので、午前中の早いうちに出かけるようにしましょうね。

また、無料ではないけど落ちない葉っぱを入手する方法があります。

落ちない葉っぱは広島市植物公園で1枚100円で販売されています。

広島市植物公園では毎年12月1日頃から落ちない葉っぱをカードやしおりにして販売しています。

1枚100円で高くはありませんので、在庫さえあれば確実に手に入りますね。

落ちない葉っぱを手に入れて合格お守りに! -まとめ-

落ちない葉っぱの正体はヤマコウバシという木の葉っぱ。

ヤマコウバシという木は日本全国にあるので、広島県でしか手に入らないというわけではありません。

でも、落ちない葉っぱとしてカード型に加工して販売や配布しているところは少ないですし、葉っぱの数にも限りがあるので大量にあるわけではありません。

ですので、落ちない葉っぱというのはある意味貴重で、合格祈願のお守りとしても価値があるといえますね。

落ちない葉っぱは広島県三原市中央公民館にて2022年1月7日9時から無料配布の予定です。

受け取りに際して整理券も発行されないので、確実にもらうためには早めに並ぶのが一番ですね。

また、無料でなくてもよければ広島市植物公園にて販売していますので、一度のぞいてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました