スポンサーリンク

健康カプセル!ゲンキの時間で紹介の目的別お肉の選び方や食べ合わせ5選!

テレビ番組

2020年11月1日(日) 7時から放送の健康カプセル!ゲンキの時間のテーマはお肉。

最近は糖質を制限してタンパク質を摂るようなダイエットなども流行っていて、お肉はタンパク源として朝から食べる人もいるほど。

そんなお肉は種類によって疲労回復や免疫力のアップなどに役立つ効果が期待できるそうなんです。

栄養はできれば効率よく摂りたいですよね。

この記事では、健康カプセル!ゲンキの時間で紹介されたお肉の選び方や食べ合わせ、新しいお肉の焼き方や柔らかくする方法をご紹介します。

(※この記事は番組の告知から、放送される情報や商品を予測してまとめたものです。放送内容によっては予測と異なる可能性があります。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


健康カプセル!ゲンキの時間で紹介されたお肉の選び方!

健康カプセル!ゲンキの時間ではお肉について紹介されました。

今までは何となく食べたいお肉を食べていたかもしれませんが、目的別でお肉を選ぶと健康効果が期待できるそう。

例えば、筋肉を増やしたい人は高タンパク低カロリーの鶏肉(ささみ・ムネ肉)を食べる、みたいなことですね。

お肉はタンパク質でできていて、タンパク質は

若々しい血管、免疫力・筋肉量の維持にとても大切な役割と果たすんです。

だからお肉を食べる事が重要なんですよね。

番組で紹介された目的別のお肉の選び方をご紹介します。

貧血改善:牛モモ肉

貧血の原因は鉄不足が主な原因です。

食品から鉄分を補うためには鉄分を多く含むレバーや牛赤身肉を食べるのがおすすめです。

また、牛赤身肉の中でも脂身の少ない牛モモ肉を選ぶといいですよ。

ダイエット:牛モモ肉

お肉を食べてダイエット、ということも最近では良く知られていますよね。

でも、お肉といっても何を食べてもいいわけではないのです。

お肉の中でも羊肉や牛肉の赤身には「L-カルニチン」という成分が豊富に含まれていて、脂肪をエネルギーを変化させて体内の代謝で脂肪を減らす役割があります。

また、脂肪を効率よくエネルギーに変化させることで太りにくい身体になると期待されている成分です。

冷え性改善と免疫力アップ:鶏ムネ肉

お肉を食べて冷え性改善が期待できるとはうれしいですよね。

冷え性の改善に必要なのは、タンパク質の量

タンパク質は体内に取り込まれると体の熱となり体温を上げてくれるんですよ。

だから、脂身の多いお肉を選ぶとタンパク質の量が減ってしまうので、気を付けましょう。

そこで、おすすめなのは鶏肉でその中でも鶏ムネ肉

また、鶏ムネ肉には「カルノシン」と「アンセリン」というアミノ酸の一種が含まれていて免疫力低下の原因となる活性酸素を除去する役割があります。(=抗酸化作用)

 

骨粗鬆症予防:鶏ささみ肉

骨粗鬆症を予防するには、健康な骨を作ることを考えないといけませんね。

健康な骨を作るために必要な栄養素はカルシウム、ですが、その他にビタミンD、ビタミンK、タンパク質、ビタミンB群が必要になります。

そして、骨の質を良くするにはコラーゲンの材料となるタンパク質が必要です。

タンパク質の量でいくとささみ肉はさらに多く、食べやすいので骨粗鬆症になりやすい高齢者向けですよ。

その他

体重1キロ当たり1gのタンパク質量が必要となっています。

例えば、体重が50キロの人であれば1日50gのタンパク質量が必要ですよね。

そこで、タンパク質50gの目安が

鶏ムネ肉約230g

鶏モモ肉約240g

牛モモ肉約260g

となっていて、意外とお肉をたくさん食べないといけない感じがします・・・。

また疲労回復には、豚肉がおすすめ。

豚肉に多く含まれているビタミンB1には疲れている体にエネルギー供給されて疲労回復につながる効果が期待できます。

さらに、たまねぎにのアリシンと組み合わせることでビタミンB1の吸収率がアップ。

ちなみに、薬膳の考え方では体を温める食材としてラム肉(羊肉)が挙げられます。

ラム肉は薬膳では

冷えて弱っている胃腸を温めて、冷え性や食欲不振や冷えからくる腹痛などを改善すると言われているんです。

また、ダイエットに向いているお肉としてもラム肉が挙げられましたが、「L-カルニチン」という成分が脂肪をエネルギーに変化させる時に熱が発生するので、冷え性改善になるんです。

そして、ラム肉は鉄や亜鉛などのミネラル分を多く含み、脂質が比較的に少なくて貧血にいいとのことです。

健康カプセル!ゲンキの時間で紹介されたお肉の食べ合わせは?

お肉の健康効果をさらにアップさせるには、お肉の栄養素を効率よく無駄なく体内に吸収させることが重要なんです。

健康カプセル!ゲンキの時間で紹介されたお肉の食べ合わせをご紹介します。

貧血予防

「牛モモ肉×レモン」・・・牛モモ肉のきのこ炒め

材料

牛モモ肉
きのこ
玉ねぎ
ほうれん草
レモン

きのこ類にたくさん含まれるビタミンDで血流の改善、

ほうれん草は鉄分を多く含むので貧血改善に、

炒め終わった後でレモン汁を加えることでビタミンCを壊さず栄養を摂ることができます。

そして、ビタミンCはほうれん草の鉄分を体内に吸収しやすくする働きがあります。

免疫力をアップ

「鶏ムネ肉×トマト」・・・鶏ムネ肉のトマトスパイス煮込み

材料

鶏ムネ肉
トマト缶
玉ねぎ
赤パプリカ
大豆の水煮
カレー粉
ターメリック

トマトは粘膜の保護に役立つβカロテンやリコピンを多く含み、活性酸素を取り除き免疫力アップ

そして、トマトのリコピンは加熱することで吸収率がアップします。

また、大豆を入れることでタンパク質量が強化されますよ。

このメニューは煮込むので、鶏ムネ肉がパサパサせずにおいしく食べることができます。



スポンサーリンク

健康カプセル!ゲンキの時間で紹介のお肉の焼き方!

お肉を焼くと固くてパサパサになることもよくあります・・・。

簡単にプロ級の出来栄え!新常識のお肉の焼き方とは?

お肉を美味しく焼く方法!

  • お肉は冷たいうちに焼く

よく、お肉を焼く前に冷蔵庫から出して常温に戻しておくと言われていますが、それはプロの方法なので、素人は焼きすぎる傾向にあります。

急に火が通るので水分が飛び、お肉が固くなりパサパサになるので、フライパンが冷たいうちにお肉を置いてコンロの火をつけましょう。

  • お肉の表面に少量のオリーブオイルを塗る

油でお肉をコーティングすることで水分が抜け出るのとお肉の乾燥を防ぎます。

そして、お肉を焼く時の火加減は強火で。

ミディアムレアで1分半、裏面は強火で45秒焼いて火を止めます。(焼き加減はお好みで)

  • アルミホイルをかぶせて予熱でじっくり火を通す

焼き上がりにのみ味付けします。

先に味付けしているお肉は浸透圧の関係でお肉の水分が抜けだしやすいんです。

鶏ムネ肉をジューシーにする方法!

  • 水100ml・塩・砂糖各小さじ1/4を混ぜて液体を作る

チャック付きの袋に液体とお肉を入れて空気を抜いて密閉し、1時間以上冷蔵庫で漬けおきします。

パサツキがちな鶏ムネ肉がしっとりとして柔らかい仕上がりになりますよ。

お肉を柔らかくする方法6選!

お肉を食べ時によくあるのが、お肉が柔らかくない問題・・・。

いいお肉は柔らかいけど高いし、安いお肉を選ぶと柔らかくない。

そんなお悩みを解決するお肉を柔らかくする方法がいろいろ出回っていますのでご紹介します。

お肉を柔らかくするポイントは「タンパク質分解酵素」を使うこと。

タンパク質分解酵素を含む食品にお肉をつけると柔らかくなるということですが、他の方法も含めてどれが一番効果ありなんでしょう?

  • 牛乳に浸ける(お肉が牛乳の中に沈むまで、約30分)
  • ヨーグルトに浸ける(1~2時間)
  • キウイやパイナップルを和えてしばらく置く(15分)
  • マイタケと一緒にマリネする(15~30分)
  • 炭酸水に浸ける(10分)
  • すりおろした玉ねぎと一緒にマリネする(15~30分)

お肉を柔らかくするにはいろんな方法がありますが、知ってるものから意外なものまでありますね。

時短で考えると漬け込み時間が短くてもいい炭酸水に浸ける方法があります。

そして、キウイやパイナップルと一緒に浸ける方法がメジャーで効果も十分ある方法ですよ。

また、たまねぎやマイタケと一緒に和えて置いておく方法だと、漬け込んだ後もそのままソースの具としても使えるのでいいですよね。

ちなみに、一番柔らかくなったのは玉ねぎだったんですが、長く漬け込めば浸けるほど柔らかくなります。

お肉の栄養を効率良く摂取して元気になろう! -まとめ-

なんとなく食べていたお肉が選び方や食べ合わせで栄養を効率よく摂れるということがわかりました。

貧血予防や冷え性改善など目的別で効果のあるお肉を選べば健康にも効果がありそうですし、

羊肉(ラム肉)に多く含まれるL-カルニチンがダイエットや冷え性に効果ありと聞くとジンギスカン食べようかな~なんて思ったりしますよね。

この記事を参考にして、お肉を美味しく食べて健康に過ごせたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました