スポンサーリンク

だしパックは沸騰させても大丈夫?中身を出す使い方や保存方法!

食べ物

和食で大事なのは、だし。

だしをひくとなると昆布とかつお節を用意して・・・だしのひき方にも順序ややり方があり面倒です。

顆粒だしだと便利でおいしいけど、もうちょっと本格的なだしを使いたい、となった時にだしパックがとても重宝します。

お湯にいれるだけでおいしいだしがとれるだしパックですが、だしパックが原因の食中毒が発生して注目されています。

この記事では、だしパックを沸騰させることについてや、中身を出す使い方、保存方法や離乳食に使えるかをご紹介します。

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク


だしパックを沸騰させるのは良くない?

結局、だしパックは沸騰させるとよくないのでしょうか?

実際そうなんです。

だしパックを沸騰させると良くないと言われる理由は、素材に含まれるえぐみがでてしまうんですね。

そして完全に風味が失われます

ただ、あくまでも風味が失われたり、味が損なわれるというところなので、食中毒や健康被害の原因になるとまではいかないんです。

話題になっただしパックが原因の食中毒は、長時間の沸騰が原因ではないかと言われていることもあるのですが、直接的な因果関係はないようですね・・・。

また、「ヒスタミン」と呼ばれる物質が検出されています。

ヒスタミンは魚からよく検出されるものなのです。

検出された量が食中毒に結びつくような量ではないと言われていますので、基本的には

長時間沸騰=食中毒、健康被害

だったわけではありません。

だしパックと食中毒は関係がなさそうですが、おいしく食べるためにも指定されている加熱時間や方法を守るほうが安全・安心ですね。

だしパックの中身を出す使い方もアリ!

だしパックの中身を出す使い方もアリだと以前から言われています。

だしを取るために中身をだすということではなく、この中身を出した粉末で調味料として使えるということです。

サラダにふりかけたりするのも、乾燥ドレッシングとして美味しかったりします。

焼きそばやチャーハンなどにも入れていくと、旨味がでて美味しくなります。

また、お味噌汁を作るときにだしパックの袋を破って中身を入れて作るとだしの濃いお味噌汁になります。

もし、だしパックの沸騰などがきになるのであれば、こういう使い方もいいですね!



スポンサーリンク

だしパックを保存する方法!

では、だしパックはどこに保存するのが良いのでしょう。

多くのだしパックの表示では、常温保存と記載があります。

ですので、だしパックの保存は常温で問題ありません。。

風味を保ちやすいのは冷蔵庫よりコンロ下など冷暗所で常温のところ。

しかし、昨今アレルギーなど敏感な人が多くなっている世の中です。

少しくらい風味が落ちても、私は冷蔵庫をお勧めします。

コナダ二と呼ばれるダニが、お好み焼きの粉とか小麦粉とか、粉ものが大好き。

だしパックも例外ではありません。

冷蔵庫で保存しないと、たくさんダニがつく!というわけではありませんが気をつけておきたいですね。

もしコンロ下などにだしパックを保存する場合は、しっかり密閉することと、そのコンロ下を清潔かつ冷暗所として保てるようにしておきましょう。

だしパックを離乳食に使えるのはいつから?

離乳食でもだしを使いますが、だしパックを離乳食で使えるのはいつからでしょうか。

基準として野菜やおかゆなどを順調に食べる事ができてからがよいでしょう。

だいたい7カ月前後くらいが理想ですね。

赤ちゃんは味覚が敏感なので、味があるとおいしさは確実に感じてくれます。

ただ、同時にまだ赤ちゃんの内臓では塩分の消化に強くはない状態です。

ですので、食塩不使用などを選ぶと良いかなと思います。

塩分エキス、アミノ酸等含まれていない天然・無添加のものがいいですね。

そして最初はやはり昆布やしいたけなどやさしいお味のものにして、カツオなどはもうすこし大きくなってからが良いかなと思います。

だしパックは便利だけど使い方には注意! -まとめ-

だしパックはとても便利で、美味しいし、だしパックを破って中身も使えるし、主婦には大いなる味方です。

そして先日の保育園でのだしパックの長時間煮だしが原因か?とされる食中毒は、

その時間の長さが原因だと断定されていません。

ヒスタミンという食中毒になりうるものが検出されたのですが、少量で直接的な原因にはなり得ないのではないかとの話もあります。

ただ、だしパックを沸騰させすぎるのはやはり旨味を損なうこともあるので、長時間沸騰は避けておきましょう。

そして保存も気を付けておいて、上手な使い方をしていきましょうね。

◆米粉を離乳食に使うと危険といわれる理由!・・・こちらの記事もご覧ください♪

米粉を離乳食に使うと危険と言われる理由!デメリットやいいことろ!
米粉は小麦粉の代用としてメジャーになってきました。小麦アレルギー除去食にも使える米粉は離乳食に使えて便利という声もあれば危険という人も。米粉を離乳食に使うと危険と言われている理由や、デメリットやいいところ、小麦粉との違いをご紹介します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました