スポンサーリンク

ココナッツオイルは顔に塗ると良くない?肌に悪いという噂は本当?

美容

ココナッツオイルにはアンチエイジング効果があるということで、アメリカのセレブから発信されました。

ミランダ・カーのココナッツオイル好きは有名で「ココナッツオイルがないと生きていけない」というほど。

ココナッツオイルは保湿力が高くて肌ケアに効果があると言われていますが、顔や体などの肌に塗ることに抵抗がある人もいます。

この記事では、ココナッツオイルは顔に塗ると良くないのか、肌に悪いのか、発がん性物質や匂いなどについてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ココナッツオイルは顔に塗ると良くない?

ココナッツオイルって食べるものだと思ってたんですけど、

ココナッツオイルといえば白く固まっているけど顔に塗っても大丈夫?

ココナッツオイルを顔に塗るのは良くない?

とちょっと気になります。

ココナッツオイルには食用とスキンケア用があり、スキンケア用のココナッツオイルは顔に塗っても問題ありません。

しかも、ココナッツオイルは保湿力が高くて、ビタミンEが多く含まれているのでアンチエイジング効果も期待できます。

ただし、ココナッツオイルの選び方や使い方を間違えると肌荒れを起こしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

ココナッツオイルで保湿ケアをする場合は、洗顔後で化粧水の前に使うのがおすすめです。

洗顔後にタオルで顔の水気をとったら、ココナッツオイルを手に1.2滴。

ココナッツオイルを肌になじませるように塗ると、そのあとにつける化粧水や乳液の浸透性を高めることができるんです。

また、ココナッツオイルは顔のマッサージオイルとしても活用可能。

ココナッツオイルを5~6滴手に取って、人差し指・中指・薬指の3本を使って

あごや頬→目の周り→額を順番にマッサージします。

ココナッツオイルでマッサージすることで、油分が毛穴の汚れを浮かせて栄養成分を浸透させます。

そして、マッサージ後はぬるま湯でココナッツオイルを洗い流せば肌が生き返ったようにキレイに。

ココナッツオイルが肌に悪いという噂は本当?

ココナッツオイルが肌に悪いという噂がありますが、顔に塗っても問題ないので、ただの噂のようです。

もし、ココナッツオイルが肌に悪いのであれば、汚れが落としきれていないままの状態でココナッツオイルを肌に塗ったままの場合。

汚れが詰まった毛穴にココナッツオイルで蓋をした状態になり、毛穴の汚れとココナッツオイルが混ざりあって酸化し、ニキビなどの肌トラブルになることがあります。

ですので、ココナッツオイルを保湿以外の目的で肌に使う場合、マッサージの後はしっかりとココナッツオイルを洗い流すことが重要です。

また、ココナッツオイルは顔だけでなく身体全体の保湿にも使えます。

全身にココナッツオイルを使う場合はお風呂に入る前にマッサージすると、お風呂のお湯が入浴剤を入れたように保湿力がアップします。

ちなみに、ココナッツオイルの種類によって肌に合う合わないがあるようです。

ココナッツオイルは

  • 精製ココナッツオイル・・・加熱処理して香りや不純物が取り除かれている。
  • ヴァージンココナッツオイル・・・加熱処理をしていない。不純物が残っていることが多い。

の2種類に分類されています。

一般的にココナッツオイルといえば、精製ココナッツオイルを指し、クセがなくて使いやすくなっています。

精製ココナッツオイルは加熱処理されている分、栄養素が減っているので保湿効果はヴァージンココナッツオイルに劣ります。

ただし、肌への刺激が少なく、敏感肌の人でも使用可能。

一方、ヴァージンココナッツオイルは加熱処理をしていない天然のココナッツオイル。

ヴァージンココナッツオイルには栄養成分がそのまま残り、保湿効果をしっかりと実感できます。

でも、精製していない分、不純物が残り肌が敏感だと刺激を感じる場合があります。



スポンサーリンク

ココナッツオイルに発がん性物質がある噂は?

ココナッツオイルに発がん性物質があるとある書籍で公表され気になる人は多いのではないでしょうか。

ココナッツオイルに発がん性物質は含まれていません

ちなみに、ココナッツオイルの発がん性を疑われた成分は「コカミドDEA」で「ヤシ油脂肪酸時エタノールアミド」とも呼ばれていて、

ヤシ油(=ココナッツオイル)から作られる非イオン性の界面活性剤です。

ココナッツオイルがベースにはなりますが、科学的な処理をされて別の物質に変化しているのでココナッツオイルに含まれているものではありません。

そして、コカミドDEAはクリーミーな泡立ちを出すために洗浄剤・気包剤としてシャンプーや洗顔料、ボディーソープに配合されています。

ココナッツオイルを肌に塗ると匂いは気になる?

私はココナッツオイルのあの甘い香りがすごく苦手なんですけど、ココナッツオイルを肌塗ると匂いは気にならないかが気になります。

実際にココナッツオイルを使っている人によると、

ココナッツオイルを塗っている間は香りますが、塗り終えた頃にはココナッツオイルの匂いは気にならない

ココナッツオイルをお風呂上りか寝る前に塗って翌朝には匂いは消えています。

しかも、一般的なココナッツオイルは精製されていて香りも取り除かれているので、そもそも香りは気にならないでしょうね。

ちなみに、ココナッツオイルには食用もあります。

食用のココナッツオイルはココナッツ特有の甘い香りが強くて味がほとんどしないんです。

食用のココナッツオイルの香りが気にならなければスキンケアに使ってもOKですが、添加物が含まれている場合は敏感肌の人は使用を控えた方がいいですね。

ココナッツオイルは保湿力が高く美肌をつくる! -まとめ-

ココナッツオイルはとにかく保湿力が優れていて顔に良くないことも肌に悪いこともありません。

しかも、洗顔後の化粧水の前にココナッツオイルを塗ることで化粧水や乳液が浸透しやすくなるというのが保湿力抜群でうれしいですよね!

ココナッツオイルをマッサージにも使えますが使用後は洗顔料でしっかりと洗い流すことがポイントです。

あと、ココナッツオイルでも精製されていないヴァージンココナッツオイルを肌に使用すると、不純物が残っていれば肌の刺激になる場合があります。

また、ココナッツオイルに発がん性物質はありませんし、精製されたココナッツオイルであれば香りさえも取り除かれているので安心して使えますね。

ココナッツオイルは種類と使い方次第で最強の保湿アイテムとなりますので是非試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました