スポンサーリンク

アーモンド効果はいつ飲むのがいい?下痢になることがある?

食べ物

アーモンドの栄養を手軽に摂ることができる「アーモンド効果」。

美味しくてついつい飲んでしまいますよね!

でも身体のためにはいつ飲むのがいいのか、飲みすぎていないかなどが気になるところです。

効果的な飲み方で、健康や美容に活かしていきましょう。

この記事では、アーモンド効果はいつ飲むのがいいのかや下痢について、飲み方のアレンジ、添加物などご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アーモンド効果はいつ飲むのがいい?

アーモンド効果は、アーモンドの栄養を手軽に摂取できるようにと作られました。

アーモンドをそのまま食べるよりも、アーモンドミルクで飲むほうが栄養素の吸収率が2倍以上も高くなります。

アーモンド効果は一日の中でいつ飲むのがいいか気になるところ。

健康や美容のことを考えると、いちばんおすすめしたいのは朝です。

でも、目的によっては、他の時間のほうがいい場合もあります。

アーモンド効果をいつ飲むか時間別にそれぞれご紹介していきますね!

アーモンド効果を朝に飲む

アーモンド効果を朝食に飲むと、血糖値の上昇が緩やかになり、次の食事まで空腹を感じにくくなります。

そして朝飲むことで代謝が上がり、腸の働きが活性化してお通じも良くなります。

食後に飲むことで「AGEs」という老化物質が抑制されるので、美容にも効果的です!

アーモンド効果を夕方から夜の間に飲む

夕方から夜の時間はカルシウムがもっとも効率よく吸収される時間帯です。

カルシウムを効果的に摂りたいなら、夕方から夜に飲みましょう。

夜寝る前に飲む

ぐっすり眠りたいときは、夜寝る前に飲むのをおすすめします。

アーモンド効果には「トリプトファン」という必須アミノ酸が含まれています。

トリプトファンは、快眠を導くセロトニンやメラニンなどのホルモンを分泌するのに必要な物質。

寝る前に飲むことで快眠効果が期待できます。

小腹が空いたときに飲む

ダイエット中なら、小腹が空いたときに飲みましょう。

アーモンド効果はカロリーが低いのでおやつ代わりに飲むといいですよ!

いつ飲むかによって栄養面で大きな差が出るというわけではないので、目的に応じて飲むタイミングを変えるのも良いと思います。

◆さらに詳しく:アーモンド効果を飲むタイミングのベスト・・こちらの記事もよかったらご覧ください。

アーモンド効果を飲むと太る?飲むタイミングのベストや飲み過ぎるとどうなる?
アーモンドミルクが注目されていますが、代表的なのはグリコのアーモンド効果。アーモンドは栄養価が高いので、アーモンド効果も健康に良さそうですね。アーモンド効果を飲むと太るいう噂の真相、飲むタイミングや飲み過ぎるとどうなるかについてご紹介します。

アーモンド効果を飲んで下痢になることがある?


牛乳を飲むとお腹をこわして下痢になってしまう人もいますよね。

アーモンド効果は大丈夫?と心配になってしまうかもしれませんが、牛乳とアーモンドの成分は違うのでその心配はありません。

牛乳に含まれる乳糖の影響で、体質によっては牛乳を飲むと下痢になってしまう人もいます。

しかしアーモンドには乳糖は含まれていないので、アーモンド効果を飲んだから下痢になるということはありません。

ただし、飲みすぎるとお腹をこわしてしまうこともあるので注意が必要です。

アーモンド効果には脂質と食物繊維が多く含まれています。

脂質を摂り過ぎると胃や腸に負担がかかり、胃もたれや下痢を引き起こすことがあります。

また、アーモンド効果に含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」というものです。

便の量を増やす作用があり、便秘の解消には効果的ですが、摂りすぎてしまうと腹痛を起こす原因となります。

アーモンド効果は1日200ml飲むのが適量です。

美味しいからといって飲みすぎには気をつけましょう!



スポンサーリンク

アーモンド効果の飲み方のアレンジ4選!

そのままで飲んでも美味しいアーモンド効果ですが、飲み方をアレンジするとさらに美味しく飲むことができます。

栄養もたっぷり摂れますよ!

スムージー

フルーツや野菜と一緒にミキサーにかけて作るスムージー。

アーモンドに加えてフルーツや野菜の栄養も摂れるのは嬉しいですね。

フルーツは甘みがあるので砂糖不使用のアーモンド効果を使うのもいいかもしれません。

シナモンや黒ゴマなどを加えると、風味も変わってより楽しめます。

野菜は小松菜やほうれん草などの葉物がおすすめ。

甘みが欲しいときはハチミツやメープルシロップを入れましょう。

スムージーは腹持ちも良いので朝食やおやつにもおすすめです!

コーヒーや紅茶と一緒に

コーヒーや紅茶にミルクを入れる代わりにアーモンド効果を入れてみましょう。

アーモンドの風味が香ばしく、いつもと違う味で楽しめます。

ホットで飲む

身体が冷えたときや夜寝る前など、温めたアーモンド効果を飲むのもいいですね。

すりおろしたショウガを加えれば身体が温まり、リラックスしてよく眠ることができます。

ヨーグルトと混ぜる

アーモンド効果と、飲むヨーグルトを混ぜるだけ。

美味しくて、腸内環境の改善も期待できます。

 

アーモンド効果の飲み方をご紹介しました。

いろいろアレンジして飲んでみてくださいね!

↓アレンジするならプレーンなものが1番!

アーモンド効果には添加物が多い?

健康に良い成分が多く含まれているアーモンド効果ですが、添加物はどのくらい入っているのでしょうか。

アーモンド効果に含まれている添加物は以下の通りです。

食物繊維(ポリデキストロース)、アーモンドオイル加工品、セルロース、香料、乳化剤、pH調整剤、ビタミンE、増粘剤(キサンタンガム)

お菓子やレトルト食品にも同じような添加物が含まれていますので、アーモンド効果の添加物が特別多いわけではありません。

添加物は、食品を美味しく口にできるように加工する過程で必要になります。

アーモンド効果で使われている添加物は、食品安全委員会によって安全性の評価を受け、厚生労働省が許可しているものです。

どうしても気になる場合は無添加のアーモンドミルクを購入するしかありませんが、適量であれば必要以上に気にしなくてもよいのではと思います。

アーモンド効果で美味しく健康に過ごそう! -まとめ-

アーモンド効果は美味しいだけでなく、健康や美容のためにもぜひ取り入れたいですね。

いつ飲んでも身体に良い効果が期待できますし、適量であれば下痢になる心配もなく、安心して飲むことができます。

いろいろなアレンジを楽しみながら、毎日飲んで健康に過ごしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました